読書日記ときどき愚痴日記

読書感想を模した毒満載の日記。
普段は西郷どん=夫 に連れられた「犬」
ですが、気に入らないことがあると
一瞬にして「ケルべロス」に変身します。
特に「不倫&W不倫」ネタはケルべロスの
格好の餌食なので該当される方はご注意を。

なぜこの人と話をすると楽になるのか 吉田尚記著

なぜ、この人と話をすると楽になるのか
なぜ、この人と話をすると楽になるのか
太田出版
2015-01-31
Kindle本

ニコニコ生放送で話した内容を構成したので、
基本「話し言葉」で書かれているのでその点は
非常に読みにくい。
また、題名もどちらかと言えば
「コミュ症なのになぜかアナウンサーになってしまい、
それをいかに克服したか。
また、その経験を元にした克服マニュアル」
と言ってもいい。


読んでいて自分も「コミュ症なのか?」と
思ったのが「エレベーターの話」(p22~)
あの箱の中にいる時の「沈黙」の辛さよ…
私もさりげなく「何階ですか?」なんて普通の人を
装っていますが実は内心
「早く目的階に着いてくれよおおおおおお」と
絶賛絶叫中!
よって、よほどのことが無い限り「階段使用派」。
それが例え10階であってもあの「沈黙」を体験するより
マシ!!って感じ。(筋トレ!と思えば耐えられる!)


ところでその都市を代表すると言っても過言ではない
駅前百貨店を例のごとく階段を使用していたら
もうすご~~~い埃とかゴミとかあって…
「我が家より汚い…これはひどい…終わってるな…」と
思っていたら最近、
店名はそのままでも経営が変わった=本当に終わった…
と新聞に載っていたから妙に納得。
一般のお客様は当然のようにエスカレーターor
エレベーターをご使用になられるから多分
「気を抜いていた(抜き過ぎ!!)」結果と言うよりも
それが企業体質になっていたのでしょうねえ…


さて本題。
吉田さんはいかに克服したか?p45

①自己顕示欲が無くなったこと

②コミュニケーションは「ゲーム」なんだと気が付いたこと

③コミュニケーションの盤面解説ができるようになったこと

の3つのステップがあったとのこと。



そして年始の私の出来事(やっちまった事件と命名)はこれかな?とp37

コミュニケーションは敵と味方を峻別する


平たく言ってしまえば、コミュニケーションには

敵と味方を峻別する機能があるんですね。

コミュニケーションを取ることができる人は味方、

コミュニケーションをとることができない人は敵。

それが基本。

もっと踏み込んで言うと、敵は殺してもいい。

でも、味方は殺しちゃいけない。

太字にしたところが妙に笑えてしまって、
調べたら吉田さん「いて座」だった。笑
ああ、この発想「同類」だわ。


これはさらに展開が続いて

実は人類史上、一度も「人を殺してはいけない」という

ルールが存在したことはないんです。

でも「味方を殺してはいけない」っていうルールはずっとある。

つまり「敵は殺してもいい」と言うのが、

今現在にいたるまでの人類の基本ルールなんです。

それを考えると、コミュニケーションをとれる相手は

味方だから、殺しちゃいけない。

いろんな人たちとコミュニケーションがとれていれば

だれも殺さずにすむし、誰にも殺されずにすむんです。

コミュニケーション能力は技術を磨いていくと

命を助けるんですね。(原文ママ)

かなりきわどい事を言っているのが「いて座」だなあ…