見かけは読書日記。中身は毒吐き日記

読書感想を模した毒満載の日記。
普段は西郷どん=夫 に連れられた「犬」
ですが、気に入らないことがあると
一瞬にして「ケルべロス」に変身します。
特に「不倫&W不倫」ネタはケルべロスの
格好の餌食なので該当される方はご注意を。

ジョーカーゲーム 柳広司著

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)
ジョーカー・ゲーム (角川文庫)
KADOKAWA/角川書店
2011-06-23

無料動画で本作のアニメを放送していたのでそちらを見てました。
が、あまりにも登場人物の絵が見事に同じすぎて
「あなたは、だれ?」状態…
声優さんも同様でハンサム系はこの声優、ちょっと坊ちゃん系はこの声優と
「差」「違い」「個性」が感じられず。
アニメのレビューには「スパイものだから個性をわざと感じさせないようにしている」
と言うのが書かれていて「そう言われたらそうかもしれないけど…」と。
まあ、最終的に「絵柄」があまり好きではなかったのでさっさと原作で
読むことに気持ちを切り替えて借りました。


が、これを読んでいる途中であまりにも面白すぎるブログに出会ってしまい
(これを運命の出会いと言う…嘘です)
小説を読むよりそっちを読むのに時間を費やすという…


で、何とか本書を強引に(斜め読みとも言う)読み終えた感想。
一応「一般小説」ジャンルのはずなのに、
限りなくラノベに近い一般小説とでも言いましょうか…
まあ、アニメの原作としては最適です。
参考文献に「秘録陸軍中野学校」が挙げられていて、
簡単に言えば「スパイ小説」なんですけど…
ああ、もう感想書くのもめんどくさいな。
今回「…」が多いことからまあお察しくださいな。(投げやり)
それでもどうしてもあなたの読書感想が聞きたいor読みたいと
おっしゃるのであれば、密林の星1レビューにおおむね同意なので
参考にしてください。
なお、今回に関しましては
「あら、私は面白かったわよ」とか「他の人の意見が聞きたいから
コメント欄を空けているんでしょ」という旨のコメントはご遠慮ください。


ぶっちゃけ、面白いブログを読んだ後では「かすんでしまう」位のレベル。