見かけは読書日記。中身は毒吐き日記

読書感想を模した毒満載の日記。
普段は西郷どん=夫 に連れられた「犬」
ですが、気に入らないことがあると
一瞬にして「ケルべロス」に変身します。
特に「不倫&W不倫」ネタはケルべロスの
格好の餌食なので該当される方はご注意を。

輪廻の蛇 ロバート・A・ハインライン著

輪廻の蛇 (ハヤカワ文庫SF)
輪廻の蛇 (ハヤカワ文庫SF)
早川書房

酒場を訪れた青年は、おもむろに身の上話を切りだした。

「おれがまだ小さな娘だったころ―」。イーサン・ホーク主演で映画化されたタイム・パラドックスの傑作である表題作(映画化名『プリデスティネーション』)、自分を尾行するよう依頼してきた男ホーグ氏をめぐる謎に巻き込まれていく私立探偵の夫婦を描いた「ジョナサン・ホーグ氏の不愉快な職業」など、巨匠ハインラインの精髄を味わえる全6篇を収録した傑作集。




『夏への扉』とは違い短編集。
しかし、私はSFの読み方というか楽しみ方を間違っているのか
どうしても内容が理解できない。
綺麗な言い方をすれば「幻想的、抽象的」。
ストレートに言えば
「メガネをかけているのに、もう少しで見えそうなのに見えない」そんな感じ。
『図書館の魔法』に掲載されていた物を参考に借りてみたけど、
どうも自分の趣味とは合わない気がしている。
異常な雨も止んだし、今度は蒸し暑い中図書館に行って
違うジャンルを選んで読んだ方がいいのかもしれない。
自分が若いころにSFに「はまらなかった」理由を
なんとなく思いだしたような…