読書日記ときどき愚痴日記

主に読書感想。(だったのに…汗)
かなり独断と偏見更に毒に満ち満ちた狭い世界を
自己満足で満喫しています。
また基本「アンチ不倫、特にアンチW不倫」派なので
今後そのような本を読んだ場合及びブログを読んだ場合は
手厳しく批判していくので該当される方ご注意くださいませ。

FASHION rule BOOK 髙橋みどり著

大人おしゃれのルール FASHION RULE BOOK
大人おしゃれのルール FASHION RULE BOOK
講談社

3冊一気にファッション系をアップしますが、
この本が一番自分的には見ていて楽しかった。
ハッキリ言って「非日常」に感じられるコーディネートです。
ユニ黒ユーザーにはホント、縁が無いというか…
でもね、自分がひきこもりじゃなくて外に向かって興味を
持っている人間ならこの本に掲載されているような服で
お出かけして、そう言った雰囲気を味わいたいですね。


髙橋さんが提案する「大人オシャレの定義」とは

シンプル&ベーシック

 ○デザインはシンプルに、使用色も3色に絞る

 ○シンプルだけに「自分」が如実にでるので、「内面」が

  充実していないとうまく着こなせない。

  明るく、幸せそうに見えるには、やはりいつも姿勢を正し、

  前向きな心持つことが大切です。


セクシー

○日本は「かわいい」礼賛の時代ですが、年齢を重ねたら、

セクシーさこそが女性の価値を高めるものだと信じています。

女の特権であるハイヒールなどは、履くことで歩き方も

気分も変わります。セクシーな女らしさは、どんな時代でも

消して失くしてはいけない要素なのです。


クール 

○大人だからこそできる、品格漂うクールなおしゃれを、

ぜひとも身に着けたいものです。


ラグジュアリー

○私が思うラグジュアリーは、素材が上質な物、丁寧に作られたもの、

作り手やデザイナーの魂がこもったもの、着心地のいいものです。

それは決して高い物ばかりではなく、人を幸せにしてくれるもの。

いわば自分の気持ちを高めてくれるような「力を持った服」。


アクティブ

溌剌と動きやすい服が必要


クリエイティブ

真のおしゃれと言うものはただコーディネートすればいい物ではなく

装いが人生までも表すぐらいに、自分ならではのスタイルをクリエーションしていくべきだと思うのです。

大人になるためにおしゃれも生き方もサボれない過渡期。

「自分がどうなりたいか」と言うビジョンを抱き、その為の努力を

怠らないようにしないと、手遅れになってしまいます。



とまあ、ユニ黒買った後でこんな風に「服は生き方の表現方法の一つである」
と言うことを指摘されてしまい
ユニ黒を買った時の罪悪感ってこれだったのか?=
年齢にそぐわないプチプラプライス商品…」とか思ったり。
見ているだけでホント「ああ、この服素敵~。でも高そう…」と言う
写真ばかりですが、やっぱり見ているだけで心ウキウキしますね!
服の内面からパワーがわ~~~とあふれ出ていて。
これを20代そこらの顔がまだ出来上がっていない小娘が着ても
やっぱり負けてしまい40~と言った良くも悪くも
「人生が顔に滲み出ている(多くは凄味!と表現されますが…)」
年齢で着るとまあしっくりきちゃうんですよねえ…複雑ですが。


メイクの法則p80に書かれていた

大人のメイク教室が気になります!!!


家から近い教室を検索したら「満席」でした…涙
もっと涼しくなってからまた開催されたら挑戦してみようかな?