読書日記ときどき愚痴日記

読書感想を模した毒満載の日記。
普段は西郷どん=夫 に連れられた「犬」
ですが、気に入らないことがあると
一瞬にして「ケルべロス」に変身します。
特に「不倫&W不倫」ネタはケルべロスの
格好の餌食なので該当される方はご注意を。

痺れる 沼田まほかる著

痺れる
痺れる
著者:沼田 まほかる
出版社:光文社
発売日:2012-08-08
カテゴリー:本

短編集
イヤ汁が前作よりかなり薄めなため、読みやすかった。
長編で心理的にいや~~な気持ちにさせる毒をまき散らすより、短編でサクサクした恐怖&人間性を表現する方が似合っていると思う。
もしこの本を一冊目に読んでいたらこの作家を好きになっただろうし、2作目にデビュー作とかこれ以外の本を読んだら作風の違いにかなり戸惑うと思う。


生理的嫌悪ばっかりの話じゃなくてオチで笑えるというかニヤッとできる方がいい。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村

アミダサマ 沼田まほかる著

アミダサマ
アミダサマ
著者:沼田 まほかる
出版社:新潮社
発売日:2012-08-08
カテゴリー:本

「イヤ汁」「イライラ感」は前作ほどなかったと思う。
というより、「意味不明、理解不可能」レベル。
伏線のような「何か」はあるものの、けっきょくそれが「何」であったのか解明、説明のないままフェードアウト…
掘り出された感、迷路に迷い込んでしまった感。


この作家さんとはとりあえず借りている分が消化できたら今後おつきあいしたくない。
読んでいて、楽しい、面白い、考えさせられる、ためになった…そんな読後感のある本にさっさと取り掛かりたい。
いつまでこの状況が続くんだ?と読み終わることを切望する種類の本って時間の無駄のように思える。
宗教観を取り入れるのならもう少し「形」にしてくれないと。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村