読書日記ときどき愚痴日記

読書感想を模した毒満載の日記。
普段は西郷どん=夫 に連れられた「犬」
ですが、気に入らないことがあると
一瞬にして「ケルべロス」に変身します。
特に「不倫&W不倫」ネタはケルべロスの
格好の餌食なので該当される方はご注意を。

思い出探偵 鏑木蓮著

思い出探偵
思い出探偵
著者:鏑木 蓮
出版社:PHP研究所
発売日:2013-07-17
カテゴリー:本

出版社をPHPに変更したせいか、作風もそこに見合った風に変化。
元々「江戸川乱歩賞」と言った重たい肩書があって、それに見合った作風、作品しか発表できない土壌があったのかもしれないが、本作のように「人が死なない」(間接的には亡くなっていてそれがトラウマになっている人もいるが…)いわば「日常の謎」をうまくサスペンス風にアレンジしてある。
他の人から見たらただの「ゴミ」程度でしかない認識の物を「大切なもの」として脇によけておいてあげるその優しさをうまく形にしているなあ、と。
P51『「どうしてあのペンダントが大切なものだと思われたのですか。」
「それは中身が、あまりに粗末なものだったからですよ」
「粗末だったから?」
「凡夫の私にはそう見えた。しかし裏を返せばお金では測れない価値があるからペンダントトップにしてあるということです。
お金で測れないとなると、その人の心で計られた価値がある。
心より大事なものは、この世にはありませんから。場合によっては命よりも」』


穏やかにけれど各自の心の中にはいろんな葛藤が渦巻いている。
その葛藤を表に出さないように、和を乱さないように。
けれど優しさは時によって一層人を傷つけるものであるのだが…
シリーズになるとしたらここの「お互いの気持ち」がどう変化して処理していくかが問題だなあ…


それにしてもこの人の作風は妙に登場人物が「年を取っている感じがする」んですが…
探偵長(?)の浩二郎にしても45歳。しかし全体から伝わってくる雰囲気がどうも60を超えた定年を迎えた人のように感じる。
本作で出てくる「人探し」にしても皆妙に長生き!(笑)
そんなにうまく次から次へと手掛かりがあるものか???と若干「メルヘン」が入っている気がしないでもないけど読後感がいいから良しとする!


エクステンド 鏑木蓮著

エクステンド
エクステンド
著者:鏑木 蓮
出版社:講談社
カテゴリー:本

3作目にして舞台が警察オンリーとなりました。
やっぱり推理小説を現代を舞台にして描くには「探偵」とかその他の素人さんが活躍するのはやっぱり無理があるのかな?と。
作家さんが京都出身ということからか京都が舞台となります。
とはいえ、あくまでも地理関係と言語だけが京都であり、観光地としての京都としては取り上げられていないので2時間ドラマのように良く知った場所が出てくるわけではありません。

が、京都の詳細な地図を広げて地名を追っていくとマニアック的に「なるほどな」と言う感じ。


題名となったextendを辞書で調べると「広がる、伸びる、延長する、拡大する」と言った意味があります。
読んだ後に改めて題名を考えると「なるほどな」と。
いろんな意味でこのextendが描かれています。

細かい揚げ足取りをすると「私服警官が私服警官に敬礼をする描写」P43が気にかかり。
別の作家さんの作品内で制服警官が晴れて私服になった時につい癖で「敬礼」してしまい、注意されるのがパターンになっているのがあったので。
ドラマでも私服が私服に敬礼するのって見たことないし。目礼はあっても。
なので、実際はどうなんだろう?と。

コナン君でも出てきた「丸竹夷二押御池(まるたけえびすにおしおいけ)、
姉三六角蛸錦(あねさんろっかくたこにしき)、四綾仏(しあやぶつ)…」と言う通りなの覚え方が出てきてこれ、正式というか全部が書かれたものを一度探さなくっちゃ。P57
これが無いと京都の町は歩けない。


偶然にも今日は阪神大震災から20年。
本書にもP246「13年前に阪神大震災があって…」と言う描写がある。
たまたま借りた本にこういった偶然の一致があるとなんていうか…


この作者さんの本を3冊読んだわけですが、どの本にも共通して「生きているだけでもうけもの」的な思想があります。
P301『生きる意味を問う前に、生きていることがすでに意味を持っていると、私は考えている』
これは安易に死を選んでしまいがちな現代人(特に若い人)に対するいろんな意味が含まれているのかな?と。


死を扱いやすい推理小説の中に「生きること」を常に意識した小説を書き続けるこの作家さんが結構気に入っています。