読書日記ときどき愚痴日記

主に読書感想。(だったのに…汗)
かなり独断と偏見更に毒に満ち満ちた狭い世界を
自己満足で満喫しています。
また基本「アンチ不倫、特にアンチW不倫」派なので
今後そのような本を読んだ場合及びブログを読んだ場合は
手厳しく批判していくので該当される方ご注意くださいませ。

女性の対処法

PRESIDENT (プレジデント) 2017年10/30号(できる女、ヤバイ女)
PRESIDENT (プレジデント) 2017年10/30号(できる女、ヤバイ女)
プレジデント社
2017-10-07


これについて書いていて、後から思ったこと。


私が女性と話をしていてよく感じるは、
その人が
「Aさんがねえ××××でえ、そしたらねえ、Bさんが△△って言うしい、でね、Aさんの知り合いのCさんがあ…」と延々「。」なし状態で喋るとします。
私は段々話が「???????????????」状態になってくるので
彼女(達)の話の途中で話の整理をするために
「えっと、つまりAさんがこう言って、その知り合いのCさんが
結局こうしたわけですね」と自分が理解できた分を確認するために、
あくまでも確認するために自分でまとめて訊き返します。
喋っている相手を責めるわけでもなく、ただただ確認して整理するために聞き返します。
が!!
この手の「。」無し、特に主語に「私が」が来ない人は
まるでその話の「責任」を取らされることを恐れるかのごとく
「はっ!」とした表情で
「わ、私が言ったことじゃないのよ!!!!あくまでも聞いた話…」
とそれまで喋っていたことを全否定するがごとくの守りの体勢に入ります。
「いや、別にあなたを責めているわけじゃなく、
あまりにも主語動詞がわかりにくいから誰が何を言って、
誰がどうしたのかを再確認したかっただけ」と思うのですが
その後は大体みなさん「だんまり」もしくは「じゃ、これで…」的に
話を打ち切っていきます。
なんやねん!!!!これだけ散々人の時間を奪っておきながら!怒
そんなに自分が喋ることに対して「責任」持たないというか
あくまでも「人から聞いた話」としてを他人にしたいのか?!
と、この自己保身的な会話術も非常に疲れます。



一方、私が話をしたことをいつまでもそれこそ20年以上前に言った
事をしつこく覚えているような女も存在し。
その時の立場で言ったことであって、立場が変われば言うことも変わる
と言うことを自分の身に置き換えて考えることができない女もいます。
逆に「お前、20年前に私にこう言ったよね。
それが今のアンタがやっていることじゃないの?」と言いたくなりますが
こういうタイプは自分の都合の悪い事は綺麗に忘れていて、こちらが指摘
しようものなら「いつまでそんなことを覚えているの。バカじゃないの」と
こちらを悪者にすることなんて朝飯前タイプなので黙っていますが。


また悪口に繋がるような話はとりあえずその場は聞いておいて、
自分の身に降りかかるような事であればその話の中に出てきた人にさりげなくアプローチして、この件についてどう考えて言ったのか…とさりげなくリサーチして「裏を取る」
ようにしています。
その情報が「使えるかどうか」を確認しておかないとね。
どっちでもいい悪口なら「はいはい(勝手に言っとけ)」と
とりあえず情報の引き出しに入れておいて、偶然にそのことに繋がる話を
聞いた場合は引っ張り出してきてつき合せます。
聞いた話を丸っと違う人に話して、後あと「はるごんさんが言っていた」と
悪者にされたと堪りません!(けど、結構後から悪者にされているという…)
それを回避するのはやっぱり
「主語が先頭に来ない喋り方をする人とはなるべく距離をおく」に限りますね。
後は話半分、はいはいと言って別れた後に丸っと忘れる。
当然、他の人にも話すことはしない。
これが一番きれいかな?


たまに「前にも言ったけどお~」とか言われて、
丸っと忘れていて「はて、なんのこっちゃ?」となることも多々あります。笑
そんなくだらんこといつまでも覚えてられるかって~の!!


文章ではかなりハッキリ物を言う女に見えていると思いますが、
リアルの対人ではかなり「へらへら(軽くみられる)した感じ」
で人と接して情報をゲットしております。笑
幸か不幸か老若何女隔たり無く喋るので地域の情報を密かに持ってます。
よって、同じ物事なのに人によっては全然違う見方をしているなあ…
と感じます。
このヘラヘラ攻撃のおかげで色々な情報をゲットしているので
人を見て喋らないとホント「危険」」です。
まあ、人によって喋る話題を選んでいますが。
ストレスを感じずに会話できるのはやっぱり「ペット」「料理」「植木」についてかな?
悪口(嫉妬)の方向に話が流れない人を選ぶようにしています。
一番話をしていて疲れるのは「同世代で同立場の女性」かな?
「比較したがる」から。
私は私、あなたはあなた。
生き方が違うのだから比較する意味が分からない。
そんなに比べたいのなら最低「私が、私は」を主語に先頭に持ってきて。
話はそれから。