読書日記ときどき愚痴日記

主に読書感想。(だったのに…汗)
かなり独断と偏見更に毒に満ち満ちた狭い世界を
自己満足で満喫しています。
また基本「アンチ不倫、特にアンチW不倫」派なので
今後そのような本を読んだ場合及びブログを読んだ場合は
手厳しく批判していくので該当される方ご注意くださいませ。

地雷手帖 嫌われ女子50の秘密 犬山紙子著

地雷手帖 嫌われ女子50の秘密 (文春文庫)
地雷手帖 嫌われ女子50の秘密 (文春文庫)
文藝春秋
2015-05-08

パート1…男から嫌われる女子
パート2…彼氏から嫌われる女子
パート3…女から嫌われる女子
パート4…職場で嫌われる女子


の4部構成になっております。
が!!



女子校育ちと言う「恋愛偏差値が低すぎる」土壌で育った女の
恋愛指南なんてなんの役にも立たない
と思う。
実際

負け美女 ルックスが仇になる (magazinehouse pocket)
負け美女 ルックスが仇になる (magazinehouse pocket)
マガジンハウス


これで共学の大学入学後、よく知りもしない男を同級生に紹介し
「ダメ男」とわかったから紹介した友人に犬山自身が「頼む、別れてくれ」と
懇願したというエピソードが掲載されていた。
人間性を把握していない男を友人に紹介って…汗
それ、合コンに自分より顔面偏差値が低い女しか集めないって言う
説に似た匂いを感じるのですが…
これだけ無責任な行動を取った女がいかにも私、男と女について
良く知ってます!ってドヤ顔されてもなって感じ。


むしろ
ぐっとうぃる博士、瀧波ユカリ、塚越友子との対談が載っており、
これがあったがゆえにこの本の読む価値があったな、と思うほど。
ひとりで踊っている、歌っている時には気が付かないけど
上手な人と一緒に歌って踊るとその差が歴然とする…そんな感じ。
一人で語っている分には露呈しなかった「レベルの低さ」が対談によって
暴露されましたな。
正直、自分の経験は「モテない」と言う部分のみで「モテている」人からの
伝聞をもっともらしくまとめて発表しているだけだと思う。