見かけは読書日記。中身は毒吐き日記

読書感想を模した毒満載の日記。
普段は西郷どん=夫 に連れられた「犬」
ですが、気に入らないことがあると
一瞬にして「ケルべロス」に変身します。
特に「不倫&W不倫」ネタはケルべロスの
格好の餌食なので該当される方はご注意を。

ハピネス 桐野夏生著

ハピネス (光文社文庫)
ハピネス (光文社文庫)
光文社
2016-02-09

「カースト」や「女子校卒」関係本にこの本の題名が
良く出てきたので借りてみた。
と、読み始めて「あれ…読んだ記憶が…」と。
調べてみるとムラゴンに正式に移動してくる前に
読んでました。


掲載媒体が「VERY」と言うことを踏まえても
ただただ今回パラ見しただけでもどうしてこうも
「見栄張り」ばっかりが出てくるんだろう。
もっと自分に適した場所があるだろうに…と
憐みの目を向けてしまうというかそこにしがみついている
惨めな女の姿があって読後感が悪すぎる。
「痛々しい」と言うか、
「他人の価値観に振り回されて自分を見失っている」とでも
いいましょうか…
表面的な「幸せ」を追い求める「幸せの青い鳥」な女の話。