読書日記ときどき愚痴日記

読書感想を模した毒満載の日記。
普段は西郷どん=夫 に連れられた「犬」
ですが、気に入らないことがあると
一瞬にして「ケルべロス」に変身します。
特に「不倫&W不倫」ネタはケルべロスの
格好の餌食なので該当される方はご注意を。

追記=噛みつき出したら止まらんぜ!

「嫌なら見なかったらいいじゃない」と言われたところで
話題にはなっていたけれどわざわざ映画館まで足を運ぶ気にはならなかった。
けれど「ただ」で見れるのならそれに越したことないな、
的な気持ちで見ました。
正直「退屈だ…」と思いつつも最後の大逆転があるかもしれない!という
一縷の望みをかけて最後まで付きあったんですけどね。
作品を批評するのはやっぱり「最後まで見たor読んだ」後しか
やっぱり書くor言う資格がないと思いますので。
見も(読みも)しない作品を自分以外の感想を参考にしただけで
語るのは間違っていると思うと自分は思っているからこそ、
しぶしぶ最後まで見たんですけどね。



本であれば一作目を最後まで読み、二作目以降なら同じ作家が書いているので
「似たり寄ったり」の内容であれば途中放棄もありですが
「初見」の場合、最後まで目を通してこの人(作者、監督)が何を表現したかったのか
最後までお付き合いするのが筋だと思います。
その上で感想を述べているつもりです。


あんな中途半端な作品をこれまた途中で放棄する「気持ち悪さ」の
方が耐え難い。
だから一回見て充分と判断したのですけどね。
安心してください。今後再放送されてもまず見ませんから。
2回目以降の視聴率が楽しみですね。


それにしても自分の感想と相いれないものを見つけたら
コメントをしないと気が済まない人がホント年齢問わず
いるんだなあ…とブログって変な人が多い世界だなあ…と
再確認したのでした。


まあ、私も相当変人だから噛みつき返さないと気が済まない
「小さな」人間でもあるわけですけどね。
ええ、同類とちゃんと認めてますよ。


自分と相いれない意見を見つけたら他人のコメント欄に書かずに自分のブログで持論展開しろよ、と毎回思う。