読書日記ときどき愚痴日記

読書感想を模した毒満載の日記。
普段は西郷どん=夫 に連れられた「犬」
ですが、気に入らないことがあると
一瞬にして「ケルべロス」に変身します。
特に「不倫&W不倫」ネタはケルべロスの
格好の餌食なので該当される方はご注意を。

なぜ女性部下から突然辞表を出されるのか 竹之内幸子著

なぜ女性部下から突然辞表を出されるのか (経営者新書)
なぜ女性部下から突然辞表を出されるのか (経営者新書)
幻冬舎

p20~

男性上司を困らせる、女性の部下5つのパターン

○権利ばかりを主張する「ほしがり部下」

 ○残業を嫌がり、やたらと残業代を主張する

 ○職場の状況を考えず、有給休暇の申請をする

○やりたいことを探し続ける「自分探し部下」

 ○会社を辞め、自分探しの旅に出てしまう

 ○何よりも自分磨きを優先する

○仕事は自分のアクセサリー「自分大好き部下」

 ○組織が自分中心に回ると思っている

○ゆとり世代であることを公言する「自称・ゆとり社員部下」

 ○自分のミスをゆとり世代のせいにする

○指示が無ければ動かない「ロボット部下」

 ○いわれたことしかやらない

 ○指示するまで何もしない


これを読んで思ったのは「これ、女性だけに当てはまるの?」と。
男性だって十分当てはまりませんか?
特に最後の

○指示が無ければ動かない「ロボット部下」

 ○いわれたことしかやらない

 ○指示するまで何もしない




嫁の立場から言わせれば夫なんてめちゃくちゃ家事に関しては
まるっと当てはまるんですけど!
良くありますよね。
奥さんが旦那さんに「子ども、ちょっと見ておいて」
「鍋、火にかけているから見といて」と頼んだ時。
さて、身に覚えのある方もいらっしゃると思いますが、
子どもが転びました。泣きました。奥さん飛んできました。
「あれほど、見ていてって言ったのに…」
「うん、見てたよ。転ぶとこもしっかり…」


鍋に関しては「あれ?なんか焦げ臭い…あ、焦げてる!!
見ていて!って言ったのに…」
「うん、見てたよ。混ぜろって言われなかったし。」
もしくは
「火を止めろって言われなかったし。ああ、焦げてるな~って思ったけど。」



嫁が殺意を抱くもしくは離婚しよう!と思う瞬間。


なので一概に「女性だから」と決めつけられることこそが「不満」へと
繋がる。


その反対に

女性部下をうんざりさせる上司5つのパターン p64

○叱咤激励が美徳だと思っている「体育会上司」

 ○成績が上がらない原因を「気合が足りないから」と捉える

 ○残業をすることが、仕事の熱心さを示すバロメーターになっている

 ○目標をとてつもなく高く設定する

○部下をコマのように扱う「コントローラー上司」

 ○部下を動かす時、理由を説明しない

 ○突然、携わっている仕事を変えさせる

 ○部下に対して感謝しない

○「せねばならない」で済ませる「修行上司」

 ○組織や社長を「~せねばならない」の理由にする

○対話せずに話し倒す「講演上司」

 ○自分が若かったころの武勇伝を語る

 ○知識をひけらかす

 ○難しい言葉を使いたがる

○すべてを軽んじ、上っ面だけの「口だけ上司」

 ○指示するだけでふんぞり返っている

 ○相談しているのに適当な相槌だけでさらっと流す

 ○言うことがコロコロ変わる

 ○意志薄弱で、何事もはっきりしない


どれも嫌だけど、やっぱり最後のこのタイプだけは
真剣許せない!!怒
いかにも「責任をとりたくない」「おれ、知らね」ってのが
ありありだから。
上4つははっきり言ってもう「昔のタイプ」で化石だから
諦めるしかないけど。
内心「それが通じた時代は終わっているんだよ…」って
感じで口では「はい、はい」で済ましているんだけどね。


何だろう。
自分は今仕事に行っていないから今時の職場状況がわからないけど、
自分が「突然辞めた」時って(実際は突然ではないですよ)
○思いつきで仕事の指示を出す男性上司
「これ、急いで」と言われたので最優先で仕上げたら
「あ、そこ置いておいて。一週間後に使うから」と言われるそんな毎日…
○入社したばかりなのに、こなしきれない仕事を丸投げされた。
その横で正社員のおばはんは居眠りしていた。不満蓄積!
○私がケルベロスモードでバチ切れている状態を「リアル」で毎日やられた。
さすがに精神病んで、一か月で辞めた。これが最終パート歴。
以来、引きこもりに。真剣、人が怖くなった。
私の前任者は辞める時には体重が40キロ切っていてガリガリだった…汗
ちなみに上司は「、50代独身(当時)、更年期障害(だったのかも)」。
私が言い返さないことを言いことに、ガンガンやられた。
とはいえ、私が仕事ができなかったわけではなく、
ただただヒステリックに言うのが本人の通常運転だった模様。
40にもなって、理由なく怒鳴られることの精神的苦痛と言ったら…
たったこれだけの事をいちいちそんなにヒステリックに言わないと気が済まないのか?
と真剣毎日思っていた。


「お前は、普通に喋ることができないのか?」と。


やっぱりハッキリと声に出して相手に言えばよかったんでしょうか?
「あの~普通に喋って頂けませんか?」と。


今だったら明らかな「パワハラ」でしたね。
うん、二度と働きたくない!
時効だから書きますけど、仕事「訪問看護」の事務(一般事務&介護事務)でした。
そいつ自身は利用者宅に行かないナースね。


50独身オバハン(責任者、ずっと事務所に居座っている)
3人のナース(普段、訪問で居ない)
私(事務員と言う名のオバハンの罵声用サンドバック
全く「逃げようがない職場」でした。
他に喋る人いないんだもの…滝涙


おばはんは事務所で何やっていたのか知らないけど、
お前が居ない方がよっぽど仕事はかどるわ!!ってぐらい。
「お前が(精神の)病院行けや!このキチガイ女!」って
言えるものなら言いたかったですね、当時。


ちょこっと仲良かったナースに「たまらんわ」とぼやいたら
「ああ、結婚してない(行き遅れの)あの年のナースって大体あんなもん」と
さらりと言われてしまった…
私の後任者には「前職はクレーム係りしてました…」と言う
介護事務(医療事務も)の知識なんて全く無い人に決まりました…
要はあのオバハンの「口撃」に耐えるだけの精神力の持ち主に…


「また次の職場にあんなキチガイ女がいたらどうしよう…」と
思うと次の仕事の応募なんてとてもできない…で今に至る…

こんなのが普通に生息しているのが今時の職場なんだろうか?
もう、無理!


ああ、やっぱりまだ傷口が治っていない…