読書日記ときどき愚痴日記

読書感想を模した毒満載の日記。
普段は西郷どん=夫 に連れられた「犬」
ですが、気に入らないことがあると
一瞬にして「ケルべロス」に変身します。
特に「不倫&W不倫」ネタはケルべロスの
格好の餌食なので該当される方はご注意を。

善意は利用しましょう!?


まあ、中々そんな紙が置かれていたら…ねえ…
(地域性もあるのかもしれなけいけど)


ところで先日京都で泊まった時に似た様な事に遭遇しました。
お風呂が2か所あり「檜風呂」がありました。(狭目。4人が限度?)
で、夫とそちらに向かったのですが
女湯の「のれん」にこんなことが書かれてぶら下がっていました。


「介護中です。しばらくお待ちくださいませ」と。
え~~!!と思い引き戸を開けたらスリッパが2足。
で、脱衣籠4つにはえらく「だらしなく」放り込まれた衣服が…
普通脱衣籠に服を入れる時って外から見えないように「工夫」しますよね?
それがだら~~んとパンツ類が籠から垂れ下がっていました。
正直「えらくだらしない人が入っているなあ…けど、
介護中ならそういう細かい事まで手が回らないのかな?」と
思いドアを閉めてしばらく廊下の椅子に座ってました。
が!
全く出てくる気配なし!
と言うことで、フロントへ行って「札がかかっていて…」と
相談(?)したら「家族風呂ではないので、入ってください」と
えらく強気なアドバイス(?)を頂き再度風呂へ。
で、思い切って再度ドアを開けると2名、身体を拭いていたので
「よろしいですか?」と聞くと相手は一瞬考えたものの
「もうしばらくお待ちください」と言われて再度椅子に座る私。
で、夫が男湯から出てきて「まだ入ってないの!!!!」と言われて
「かくかくしかじか…」と説明。
「先、部屋に戻っている」と言われ「あの迷路を一人で行けと…滝涙」…


で、やっと出てきたんですよ。
多分、母娘の親子だと思うのですが母親「杖もつかず」にピンしゃんと
歩いてました。それも全く悪びれも恐縮もしない面構えのオバハン。笑
確かに「介護」と言われて「身体が不自由」だとついつい思いがちですが
これだけ一人で歩けるのなら「独占」しなくてもいいのでは?


リピーター客でゆっくり入りたいからこのような「作戦」を
取ったのでは?と疑惑の目を向けてます。
そもそも暖簾にぶら下がっていた「注意書き札」もご丁寧に
「ビニール」に入って安全ピンまで付けてのアピール振り。
今まで何回この手で風呂を独占しました?って突っ込みたいぐらいに。


日本人の「善意」を自分たちの良いように利用する人たちが
増えてきている気がします。