読書日記ときどき愚痴日記

読書感想を模した毒満載の日記。
普段は西郷どん=夫 に連れられた「犬」
ですが、気に入らないことがあると
一瞬にして「ケルべロス」に変身します。
特に「不倫&W不倫」ネタはケルべロスの
格好の餌食なので該当される方はご注意を。

美人になる方法 ワタナベ薫著

運もいい人も引き寄せる 美人になる方法 (幻冬舎文庫)
運もいい人も引き寄せる 美人になる方法 (幻冬舎文庫)
幻冬舎
2016-02-09

これ以上私が美人になると不美人から不評&妬みをかうので
ちょっと読むのには勇気が要りましたが読みました。
美人のたしなみですもの。当然ですよね。オホホホ…
(続きはCMの後で)


ジャンル的には自己啓発or心理学的。
メンタルコーチと言う肩書の私と同じく1967年生まれの女性。
私自身は2003年ごろから大量に出版された
佳川奈未さんの本を読んで以来ポジティブに生きる様になったので、
内容はそれほど目新しいとは思いませんでした。

佳川奈未のキラキラ成功哲学 すべては目覚めた人からうまくいく
佳川奈未のキラキラ成功哲学 すべては目覚めた人からうまくいく
講談社

まあ、佳川さんの「キラキラ」というより「キャピキャピ」に近い
文体よりは真面目と言うか硬かったです。
(正直、最後の方飽きてきたので斜め読み)


ところで私もそうなんですが「自己評価が低い」時に
この手の本に出会うと「バイブル!!!」みたいに
ハマってしまうのですが、数冊この手の本を読むと
特に同じ著者の物を読めば同じことしか書いていません。
出版社が違うだけ。
で、一冊手元に置いて毎日読み込んでいれば自然と
ある日突然その本が無くても生きていけるようになります。笑
まさに「自立」というか「もうあなたの支えが無くても大丈夫!」
ではありませんがそんな感じ。
一方、この手の本に出会って何年も経つのにいまだに著者に対して
「××様~~~」と教祖のように慕い続けるのは本末転倒かと。
せっかくの本を読んだ意味が無いでしょ、それ。
自律より依存に走るのであれば書いた方は立つ瀬が無い思います。

こうやって自分の意見を堂々と書けるようになったのも
佳川さんやその他同時期に似た様な本を出版された方々のお蔭。笑