見かけは読書日記。中身は毒吐き日記

読書感想を模した毒満載の日記。
普段は西郷どん=夫 に連れられた「犬」
ですが、気に入らないことがあると
一瞬にして「ケルべロス」に変身します。
特に「不倫&W不倫」ネタはケルべロスの
格好の餌食なので該当される方はご注意を。

世界一の美女になるダイエット エリカ・アンギャル著

世界一の美女になるダイエット
世界一の美女になるダイエット
幻冬舎

ウオーキングを習う前に一度読んでます。
そして改めて読み返すと、ウオーキングの先生がおっしゃっていることと
被っていてそれだけ体を作るためには食べるものの重要性が良くわかる。
「食べたものが、身体を作る」
当たり前なのに、ついつい見逃しがちなこの教訓。


ダイエットときくと、日本の女性はただ痩せることを

イメージしがちですが、本当は違います。

ダイエットとは、賢く食べること。

何を食べて、何を食べないか。


本書では「油」を取り上げています。
実はめちゃめちゃ実感しているのがまさにこれ!
独身時代は「ポテチ一袋に牛乳」が土曜日のランチ!
ってぐらい食べても問題なかった(?)のに、
妊娠を機会に体質が激変!!!!!!!!

ロッテ カスタードケーキ 6個
ロッテ カスタードケーキ 6個
ロッテ
食品&飲料

これが記念すべき妊娠初期「リバース」第一号!笑
よくよく考えるとこれも相当「油が悪かった」。
当然ポテチも問題外。
一袋食べ終わると同時に「リバース」開始。
よってリバース直後は「二度とポテチは食べない!」と誓うものの、
しばらく食べずにいて、久しぶりになんとなく買って食べて「リバース」
した時点で「あ、これがあったから自分は食べずにいたのに…」と
思いだしては後悔するという。笑
他にパン屋さんで売っている、ウインナーが一本ロールパンにはさんだ商品の
「ウインナー」が「リバース」を引き起こします。
また、ウインナーも元々着色料の入った赤いタイプは買っておらず、
粗挽きの噛むと「パキッ!」と音のするタイプを買っていたのですが
最近お昼に食べたら見事「リバース」。
この頃、新聞下欄に載っている雑誌の見出しでも「ハム、ウインナーは危険」的な
事が書いてあるのを見たのであながち私の身体のエラーは間違って
いないのか?


冷凍食品。
これは中学生の時から明らかに「リバース」を引き起こしていたので
結婚前から買ってません。
よって我が家は電子レンジが無い、と言う原始的な生活をしてます。笑
冷食が使えなくて弁当作るのは大変でしたけど、まあ、
「見た目はイマイチ、味は良し!」と言う次男の弁当をつまみ食いした
彼の友人の評価をありがたく受け取っています。笑
今はもっと改良されて油もよくなっているとは思うのですが、
それでも買う気にはなれませんね。
とまあ、古い油、質の悪い油を使った食品は「リバース」の元なので
口にしないようにはしているのですがそれでもたまに目に星が飛んで
気分が悪くなってトイレに駆け込みます。
例えば「御煎餅、おかき」と言った米主流の製品を食べた時も「リバース」
しまして「なぜに??」と原材料を見た時に「米(××産)」とあり
それ以来、国産の米以外の米菓子は食べるのを止めてます。
本書にも書いてあるようにp104

食材は裏から見るのがビューティーマスター。



日本人は原材料表を読むという意識が低いようです。

あなたが食べているものが本当は何で出来ているのか、

もっと注意と関心を払ってほしいと思います。




で、ウオーキングの先生もおっしゃっている「今時の子って、痩せているようで
お肉がポヨポヨ。もしくはタンパク質を取っていないから筋肉に変換できない。」
本書でもp44

ダイエットに必要な脂肪を燃やしてくれる筋肉もタンパク質からできています。

タンパク質が不足すると、筋肉量が減ってきて、

ますます燃えにくい身体、

つまり太りやすい身体になるのです。

冷えに悩んでいる人も、タンパク質不足が考えられます。

筋肉が熱を生むので、不足が冷えに繋がるのです。




p72

そもそも本当にあなたはダイエットが必要?

客観的にスタイルを眺めてみて。


日本の女性に教えたいと思うことは、

体重よりももっと気にした方がいい事があるということ。

日本の女性は、華奢に見えても締まっていない感じが、

美しさを損ねていてもったいないわ。

筋肉がたりずメリハリが無いのと、むくみやたるみが

シャープさと健康的な印象からかけ離れてしまう理由ね。

あなたに本当に必要なのは、減量やダイエットではなく、

リンパマッサージや筋トレなのかもしれませんよ。





70代の方と一緒にレッスンを受けてますが、毎回先生がおっしゃるのは
「筋肉が無いから、体勢を維持できていない」と言うこと。
すぐ、力が抜けて猫背気味になってしまうのです…汗
自分が70代になったときにこうならない為にも、今の内からちゃんと
腹筋を使って歩いて、腹筋を使って立って、と言う動作ができるようにと
頑張っています。
今ある「脂肪」を「筋肉に変える」。
実は「脂肪」は現段階では「財産」なのですよ!!!
今の段階で脂肪も無ければ筋肉も無いと、70代の時、猫背の
ゾンビのような姿勢の人が多数街を徘徊することになると思います。
いや、徘徊できるだけマシかも。寝たきりになっているかもね。



健康な身体を維持するために食べ物から見直す。
けれど、ここに書かれていることを忠実に実践すると
かなりのお金を食費に投入することになりそう…
悩ましい問題…