見かけは読書日記。中身は毒吐き日記

読書感想を模した毒満載の日記。
普段は西郷どん=夫 に連れられた「犬」
ですが、気に入らないことがあると
一瞬にして「ケルべロス」に変身します。
特に「不倫&W不倫」ネタはケルべロスの
格好の餌食なので該当される方はご注意を。

明けない夜の危険な抱擁 リサ・マリー・ライス著

明けない夜の危険な抱擁 (二見文庫 ロマンス・コレクション(ザ・ミステリ・コレクション))
明けない夜の危険な抱擁 (二見文庫 ロマンス・コレクション(ザ・ミステリ・コレクション))
二見書房

アーカ製薬CEOのリー博士は、

人間の能力を増幅させるウィルス開発に成功。

しかし、自身にそれを注射して凶悪なモンスターとなり、

ウィルス感染者も暴徒と化していく。

そんな中、ソフィはアーカ系列の研究所から、ウィルスのサンプルと唯一の治療ワクチンを持って脱出、メールで親友のエルに助けを求めた。

その結果、ジョンという〈ゴースト・オプス〉のメンバーが助けにきてくれた。

そしていよいよ、二人きりの孤独の戦いが始まる。

超人気シリーズ、ついに完結!

原題:Breaking Danger




「ばいoはざーど」の環境で「吊り橋効果」で恋に落ちた二人の物語…



さて、現実の世界で「吊り橋」が無くなった時にも愛情は
持続できる物なんでしょうか?とこの手の小説に突っ込むのは野暮ですが。
1作目であれほどの壮大な世界感を構築していたのに…
2,3巻と非常につまらなかった。
こういった読後感を何も書くことが無い時ってほんと、苦痛…