読書日記ときどき愚痴日記

読書感想を模した毒満載の日記。
普段は西郷どん=夫 に連れられた「犬」
ですが、気に入らないことがあると
一瞬にして「ケルべロス」に変身します。
特に「不倫&W不倫」ネタはケルべロスの
格好の餌食なので該当される方はご注意を。

「価値観」に縛られて動けなくなる

緑豊かなわが町。(自虐)
歩いていますと左手の草むらから30センチほどの亀が
もそもそ歩いておりました。
右手には仲間が50匹以上は軽くいると思われる池があります。
草むらから池までの間にはアスファルトで舗装された道があります。
そこで私は思いました。
「彼(推定)が池まであの速さで歩いて行く間に車が来たら危ない。
暑いし。池まで連れて行ってあげよう」と日傘を畳んで彼(推定)を
ひょいっと持ち上げて池側の草むらに降ろしてやりました。
やれやれ…


ところがその後の道中でいろいろな考えが頭に浮かんだ。
「もしかして彼(推定)は
『今日はいい天気だ。あそこまで歩いて散歩しよう!』とか
『頑張って自分で歩こう!』とか思っていたのではないか?」と。
そうなると私は「彼(推定)の仲間がたくさんいる」と思っていたけれど
実は「外来種」指定されている「厄介なヤツ」だったかもしれないし
究極「ペットが逃げ出していた」道中に行きあったのかもしれない。
考えれば考えるほど「自分的には亀が自力であの距離を歩くのは気の毒」と
思った行動が実は超おせっかいかつ迷惑だったのでは?と。
そうなると自分の行動が「正しい」なんて胸を張って言う自信が無くなった。
今の世の中この「価値観の違い」が蔓延&氾濫していてどうすればいいのか
判らなくなった。
この世に「正しい」事なんて一つもなくて、
そこにあるのはもう「自己満足」だけなのかもしれない。


しかしこの世で一番最強なのは「自分が神!それ以上でも以下でもなく」と
人の価値観がどうのなんて一瞬たりとも考えたことも無い人だと思う。
人と同じことをやったり考えていたりすればそれはそれで「平和」かも
しれないが「金持ち」や「頭一つ抜けた存在」にはなれない。
自分がどちらの人生を選ぶか。


動けなくなった私はどうすればいい?