Always with a smile!

読書感想を模した毒満載の日記。
普段は西郷どん=夫 に連れられた「犬」
ですが、気に入らないことがあると
一瞬にして「ケルべロス」に変身します。
特に「不倫&W不倫」ネタはケルべロスの
格好の餌食なので該当される方はご注意を。

バカボンのママはなぜ美人なのか 柴門ふみ著

(002)バカボンのママはなぜ美人なのか (ポプラ新書)
(002)バカボンのママはなぜ美人なのか (ポプラ新書)
ポプラ社

題名は正直「フェイク」というか「客寄せ」であって
内容はあくまでも「嫉妬についての持論展開」でした。
様々な形の「嫉妬」について語られており、特に男と女の
嫉妬の表れ方が違うので「幸せ」について性差もあるのは事実。
p123

男は成功に嫉妬し、女は幸せに嫉妬する。



まあ、これが全てですよね。
因みに私は現時点では「嫉妬はしない方」だと思います。
なぜなら今の自分は「全て持っている(充実している)人」
だから。
結婚も出来たし、子供も出来た。
その子供は外科的なアクシデントはあっても大病にもならず、
いじめの加害者&被害者にもならず、
登校拒否にも家庭内暴力にも陥らず。
大学は4年で卒業してくれて、自力で就職試験を突破し、
無事就職してくれたし。男3人とりあえず元気だし。
全く言うことありませんから。
一言で言って「今、幸せです」。


この状況でどこにどう他人に嫉妬する余地があります?
しいて言えば私自身に「仕事運が無い」位ですか?
それも考え方次第で、人に命令されるのが嫌だから自分で仕事を
見つけてこなしていく「専業主婦」と言う仕事は自分に向いているのかも、
と自分で意識をプラスに変えればなんてことは無い。
人間関係に本来の仕事以上に気を遣わずに済む、さいこ~の職場ですやん!!


p164~

自慢が炸裂する場所はいろいろあります。

同窓会などは、その最たるものです。

ハッキリ言って同窓会は自慢合戦です。

そもそも自慢するものが無い人は来ない。

来た、と言う時点で、ある程度人に自慢したい何かがあるということ。

それが言い過ぎならば、報告できる材料を持っているということです。

そして、相手の仕事の様子、出世振り、家庭の幸せ…等々に対して、

やはり嫉妬がうごめくのです。



女が他人に嫉妬するのは自分と同列かそれ以下だと思っていた存在が
自分より「上」に居ることが耐えられないからだそうだ。
因みに8月4日は同窓会でした。行きませんでしたけど。笑
☆     ☆      ☆      ☆      ☆      ☆
実は、以下にだ~~~~っとある女についての「悪口」を
思いっきり暴露系として書いていたのですが、削除しました。
予約投稿はこういう時便利ですね。気分のまま書いてしまったものが
時を置いてもう一回読み直す余裕ができて。よかった、良かった。
もう「過去」に囚われてもしょうがないよね、
と書くことによってスッキリしましたから。
読んで知ってもらいたい、と言う気持ちがあったから書いたのですが
知ってもらったところでどうにもならない。
そのことに気が付いたから。
今が幸せならそれでいいじゃない。
若かりし頃(いけてた自分)にこだわっている人が行くのが
もしかして女子校の同窓会かもしれません。
男性がいる同窓会と違って目に見える自慢(例「おれ、役職が××になった!」)
が無い分、明るさ(?)が無いので。


前回の同窓会ではくじ引きで座席を決めたのに、
「知らない人とはいや~」と結局仲がいい人同士で喋ると言った
「成長の無さ」を見せつけられ、
「隣り合った人と(現時点での自分の感性で)交流を計る」と言うことが
相変わらずできず、閉じた空間で満足している人達しかいないのだったら
別に来なくても良かったな、と思ったのが今回(多分、もう二度行くことは無い)
行かなかった大きな理由です。