見かけは読書日記。中身は毒吐き日記

読書感想を模した毒満載の日記。
普段は西郷どん=夫 に連れられた「犬」
ですが、気に入らないことがあると
一瞬にして「ケルべロス」に変身します。
特に「不倫&W不倫」ネタはケルべロスの
格好の餌食なので該当される方はご注意を。

カラマーゾフの妹 高野史緒著

カラマーゾフの妹 (講談社文庫)
カラマーゾフの妹 (講談社文庫)
講談社
2014-08-12

私的には面白かったと思う一冊。




カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
光文社
2012-02-10
Kindle本

↑ 亀山郁夫訳(何度も睡魔が襲った…)の訳者あとがきに書かれていたように
「アリョーシャ(三男)がテロリストになる予定」と言う原作者の
構想のヒントを元に、亀山訳本であまりにも唐突な意味不明な展開が
多々出てきたその「不可解な部分」を補足するかのような構成に
「なるほどなあ…作家が書くとこうなるのか…」と
訳者がいっぱしの作家気取りで書いた↓ これ

新カラマーゾフの兄弟 上(上・下2巻)
新カラマーゾフの兄弟 上(上・下2巻)
河出書房新社

とは到底話にならないぐらい説得力があったと思う。


とはいうものの、本作『カラマーゾフの妹』を読むのなら
亀山訳本ぐらいは最低読んでいないと、どの部分を指しているのか
判らないから面白くないと思う。