見かけは読書日記。中身は毒吐き日記

読書感想を模した毒満載の日記。
普段は西郷どん=夫 に連れられた「犬」
ですが、気に入らないことがあると
一瞬にして「ケルべロス」に変身します。
特に「不倫&W不倫」ネタはケルべロスの
格好の餌食なので該当される方はご注意を。

龍と人の文化史百科 池上正治著

龍と人の文化史百科
龍と人の文化史百科
原書房

暴力的なまとめ方をすれば
「僕、龍に興味があって。ほら、こんなにいっぱい龍グッズを
集めたんだよ!見て見て!!」って感じ。
1つの事を突き詰めて学術的展開をすれば「学者」と呼ばれ、
あくまでも個人趣味で終わらせると「オタク」と言われる。
そんな感じ。


男性の学者が多いのは結婚してもしなくても一つの事を
研究し続けてそれで評価されるのに対して、
女性が何か一つの事を突き詰めたくても
「いい年をして嫁にも行かず…」とか
周囲からの圧力が半端ない時代があった(現在もある?)からかも。
例えば絵を描くのが好きな人がいたとして、
不運にも理解の無い家に嫁に行ったとする。
「家事(農業)もせず、絵ばっかり描いて…」と
肩身の狭いを思いをすると次第に遠ざかる。
一方、裕福な家庭に嫁ぐと案外、絵心がある舅とかが
「君の絵は好きだ。どんどん描きなさい」と
お墨付きをくれたら心置きなく楽しめる。
人間、その才能を伸ばすも殺すも環境って大事ですよね…