見かけは読書日記。中身は毒吐き日記

読書感想を模した毒満載の日記。
普段は西郷どん=夫 に連れられた「犬」
ですが、気に入らないことがあると
一瞬にして「ケルべロス」に変身します。
特に「不倫&W不倫」ネタはケルべロスの
格好の餌食なので該当される方はご注意を。

元気とパワーを貰いに行ったのに…失敗編

うちのこどもは卒業して数年たつのに、
中学校の体育祭に行って元気とパワーを貰いに行きました。
が!!!!!
ひどい。
うちの子どもが卒業して10年経っていないのに
これほどまでレベルが下がっているとは…滝汗
競技に関しては、なにせ「腹筋」を使えていない無い子供が多すぎ!!
ウオーキングの先生が常々
「今時の子って、肉がぽよぽよ、フニフニで信じられない身体をしている」
と仰っている意味が良くわかったよ…
特に男子の組体操。
子どもの時だと「やぐら」といって壮大な高さを作って登って上で立って…
と言うものを完成させていたのに、
今時の風潮よろしく「危険だから」の理由で廃止。
けれど実際には「危険」以前にそりゃ、無理だろうと納得する位、
「え?これすらも満足にできないの?」と言うひどい有様。
最初の二人組で、一人が倒立もう一人が脚を持つ基本中の基本(?)ですら、
「倒立ができない」子供が数人…
しかも、保護者席から一番見える側のそれも先頭に位置している子でさえ…滝汗
普通、と言ったら今時は怒られるのかもしれませんが
自分の常識だとこれほどまで「丸見え」の位置でするのに
出来ないなんて恥ずかしい…と夏休みに壁相手に必死に練習しそうな
ものなのになあ…と。
「やぐら」なんて完全に無理だ。
なんだろうね、この出来なさ&完成度の低さは。
自分で自分の身体をコントロールできてなさ過ぎ!!!!


あと、「3年間を通じて、全校生徒で一つの事を成し遂げる喜びを…」と
主旨だけは立派な全校生徒による「ソーラン」を見たのですが



「お前ら、夏休み、自主練しなかったのか?」というか…
いや、もう、いいです。愚痴だらけになりそうで。


自分の子どもが在校していた時の体育祭に限らずここまで
レベルが低かったイベントなんてありえない!
実際、私の横に居たよそのお父さんも
「…これだったら小学校の時の方が上手かった…」と。
同感。


3年前にソーランを始めたというのなら、
それ、長男が教育実習に行っていた時ってことだよね。
確かに「体育で実習に来ている××は、
8時間ず~~とソーランの練習一人でしてた」と言っていた。
それを聞いて「ソーランならうちの次男が教えに来たらいいのに」と
笑って言っていたのを思いだす。
と言うのも、
小学校から剣道しかしたことの無い××君にソーランができるわけない。
使う筋肉が全く違う。
そもそも一体誰が言いだしたわけ?みんなで一つになるためにソーランをしようと。
言いだしっぺが経験者だったから言ったの?
多分違うだろうな。
なんとなく思いついて実行しているだけだと思う。
ユーチューブ見ても中学生が「南中ソーラン」踊っているのも沢山あるし。
きちんとした指導者もいないままに「なんちゃってソーラン」をやらされても
中学生にしたらいい迷惑。
むしろ、次男が大学生の時にボランティアで近隣の小中校に「振り落とし」と
称して教えに良く行っていたのだから、近隣の大学のサークルに一度
教えてもらえないか打診の一つや二つ思いつかなかったのか?
一回でも目の前で真剣に踊っているのを見て「よさよさ」の楽しさを知ったら
「僕らでも練習したあれぐらい踊れるようになるかも?!」と自主性を
持たせる方向に行けたかもしれないのに…
そこはやっぱり
見栄っ張りの自信家が多い
体育教師ゆえの脳みその無さ?毒



夫が送った動画を見て
次男は「な、何これ?こんなひどい踊り久々に見た」
長男も「ひどいな。これ」と返信有。
卒業生の息子たちから見ても
「どうしたん?なんでこんなにやる気、覇気、活気、元気が無いの?」と絶句状態。
(後方で脚立に乗ってビデオを撮っていたお父さんも
「なんだこれ?全くやる気が感じられへん…」と嘆いていた…
明らかにおかしいよ…ありえへん!!!!)


でも、こんな風に「レベル低!!!」とOBやOBの保護者に
いくら思われてもその評価が教師に伝わることは無いので
改善もされることなく自画自賛で来年もこのレベルが継続されるんでしょうね。
これが学校の先生の世間の狭さ=常識の無さ に繋がるのでしょうね。毒


言葉では言い表せないけれど確かに存在する「A中気質」と呼んでいた、
あの自発的かつ明るいA中の子どもたちとは到底思えないという感想。
なんかある意味、ものすごいショックだった…
行くんじゃなかったよ…涙