見かけは読書日記。中身は毒吐き日記

読書感想を模した毒満載の日記。
普段は西郷どん=夫 に連れられた「犬」
ですが、気に入らないことがあると
一瞬にして「ケルべロス」に変身します。
特に「不倫&W不倫」ネタはケルべロスの
格好の餌食なので該当される方はご注意を。

同じことなのに、ね…

ある方のブログを読んでいて共感したこと。
「同じミスをしても他の人は怒られない(責められない)のに、
自分は肩身の狭い思いをする」
ほんま、それな。
何が違うのと言うのかね?とパート等に行くたびに思っていた。


以下、若干ケルべロスモード。
そんなこんなで車を運転していましたら、
自分の前に「車道」を走るジジイ自転車。
100%ママチャリではないチャリで、
ジジイもそれなりの服装をしているのに「遅い」。
マジ、遅い。
けれどこういうヤツの思考は「自転車だから車道を走って何が悪い?」と
いったものが滲み出ているのが感じられる。
ジジイ、せめてその年齢でそのチャリに乗るのだったら道の状況を一瞬で
捉えて「ギアチェンジ」するぐらいの脳みそを持った上で乗れ!怒
で、しばらくジジイの後ろを走っていたものの、直線で対抗が居ない時に
一気抜きする。ミラーを見ると私の後続車もジジイを抜けずにノロノロ…


かくして、ジジイを抜き去りホッとしていたのもつかの間。
某警察関係機関の前にあるバス停での事。
バス用に車道が引きこまれた形状、かつ押しボタン式の場所。
引きこみにはバスそして他府県ナンバーの一般車が続いて停車。
そして運悪く押しボタンを押されて「赤」なので
この二台がいつ私の前に出てきてもいいように開けて停まる。
で、信号が青に変わって
「バスは出そうにないな、ついでにこのボケカス一般車も」と
確認して出ようとすると、何を思ったのか
信号が変わると同時にそれまでたばこを吸っていた
反対側の歩道に居たボケカス男が車道を横断し始めたのを
確認したので停まっていた。
当然ですよね。警察関係機関の前で「人身」するほどバカじゃない。


で。
びいいいいいいいいいいいいい~~~~っと
後続車がクラクションを鳴らしたわけですよ。


あのなあ…
信号見落しじゃなく、状況を全く読まない糞ボケの歩行者が
居たから停まっているよの。
お前は、それが目に入らんのか?


最近思うに、こうやって一瞬たりとも待てずにクラクション鳴らすのって
大体、シルバーグレーのセダン+ジジイ+助手席にババア が
100%に近い割合。
シルバー系のセダン、ってどうしてああも横柄な奴がselectする
車なわけ?
まあ、最近は糞ボケ「プリウ×(たまにア×ア)」も増えたけど。
とにかく「セダン」はもう個人的には「要注意」車です。
同じような年代のじいさんが一人で乗っている車(車種問わず)が
クラクションを鳴らすことにはめったに遭遇しない。
(じいさんのセダンの一人乗りってあまり見ない気もするし、
軽でばあちゃん乗せているのは「遅い」と言う事は多々あるが。)


この手のジジイは現役時代こんな風に「横柄」に人に接して仕事をしてきたから
退職後誰も相手にしてくれなくて唯一ババア位?
で、「俺はえらいんだ!!!!!!!」と誇示したくて鳴らすわけ?
こういう奴には「黒塗りベン×」位じゃないと
「社会的(経済的に)に負けた」=鳴らさない ってなるんだろうか?


セダン+助手席に嫁のジジイは世の中のゴミだからさっさと年金が
若い世代に回るように×んで欲しい。
ばばあ、 こんなジジイとよく一緒に暮らしているな。


ちょっとしたことでクラクションを鳴らす男は
「人間的小ささ」「余裕の無さ」を感じるので
男としての魅力にトコトン欠けると思うので
絶対に付き合いたくない。


と、言う出来事があった帰り道、20~30キロの
ノロノロ運転するやつの後ろに付く。
誰もクラクションを鳴らさず我慢する。
これが私だったら鳴らされているんだろうなあ…
この「差」って一体何?