見かけは読書日記。中身は毒吐き日記

読書感想を模した毒満載の日記。
普段は西郷どん=夫 に連れられた「犬」
ですが、気に入らないことがあると
一瞬にして「ケルべロス」に変身します。
特に「不倫&W不倫」ネタはケルべロスの
格好の餌食なので該当される方はご注意を。

歩き方で人生が変わる 長尾和宏著

歩き方で人生が変わる。 幸せになる10の歩き方
歩き方で人生が変わる。 幸せになる10の歩き方
山と渓谷社
2017-09-16

ごく普通のまともな内科医が「歩くことの重要性」を説いた本。
まかり間違っても受診している途中で「僕の過去生はジュゴン」だとか
「僕は君の天使だったのだよ」なんてことは言われないからご安心を。毒


書いてあることはウオーキングの先生がi言っていることと一緒。
ま、そりゃそうでしょう。参考文献としてデューク更家さんが
取り上げられてますが、私の先生も元をただせばそこから始めたので。
あとは医者らしく歩くことによって医療費の軽減ひいては人生までもが
ハッピーになることを延々と実例をきちんとあげて説いてます。


こんな風に考えますと、自分がウオーキングの体験に行ったことが
なんとまあ、奇跡と言うか偶然?必然?とすら思えてきます。
たった一枚のチラシで講習を知り、申込み、体験をして継続中。
これだけの事がチラシを見ただけでそれで終わっていたという流れになっていたら
未だに腰痛が…姿勢が…と身体のゆがみからくる痛みに悩まされて
居たかと思うと「やって良かった。行って良かった」としか言えません。


こんな風に「偶然」な事が実は「神様からのメッセージ」感覚として
捉えた方がいいと思いませんか?
「龍の声が聞こえた」「天使と交信できる」よりも多くの人が経験しやすい。
本来聞こえない高次元からのメッセージ系って
「選民意識」からくる優越感&自慢じゃないですか?と
読むたびにいつもそう思ってしまいます。


昔聞いた話、本当の「霊能力者」と言うものは自分の為に
その能力を使ってはいけない。まして「金儲けの道具」に使うのは厳禁!
能力の反動で自分がえらい目に遭うから秘するのが華!と。
ある女性が結婚できずに悩んでました。
すると、ある日全く知らない男性から「蔵にあるお雛さんを飾りなさい」と
言われたそうな。
「はあ?蔵????」と首をかしげながら母親に言うと
「ああ、田舎に蔵があるよ」と言うわけで行って探したら本当にお雛さんが
あったので半信半疑で飾ったら後日、縁談がまとまったとか。
こんな風に「さりげなくアドバイス」的な形で教えるのが筋だったそうで。
それを「見えます」「聞こえます」と公言してお金を取るなんてねえ…
龍や天使やまんま「私は霊能力者」と
公言している人達にどんなしっぺ返しが
来るのか非常に楽しみです。
ホント最近名乗る人多いけど、不思議よね。
いい事ばっかり聞こえる人が多くて。
彷徨っている低級霊の方が多いから耳塞ぎたくなると思うのに。


ムラゴンって本当に普通の人が自分達の日常を自分たちの言葉で綴っている
素朴なブログが多いじゃないですか。
それは、普段人に向かって言えない愚痴や考えであり、本当はその人自身に
向けて言いたいのだけれど言うことによって関係が悪くなることを考慮した結果
文章で綴っているというか。
(たまにコメント等でその人が別に必要としていない言葉を書いて怒られますが…)
その言葉を必要としていない人には全く響かないけれど、
その言葉を必要としている人にとってはこういう一般人のブログを通じて
「神様からのメッセージ」として心に響くことがあるのではないでしょうか?


「ああ、こうすればよかったんだ」
「自分はこう思っていたけど、他の人は違うんだ」
「自分のやり方は間違ってなかったんだ」


そんな感じで全く顔も知らない人同士の交流なのに響くものがある。
これがもしかしたら「宇宙と自分は繋がっている」っていう考えに
なるのではないでしょうか?
宇宙と繋がったら誰でも金持ちになる、と言う説は極端すぎて違う気がする。
みんな似た様な悩みを持ち、日々生きている。
だから「繋がっている」って言うんじゃないのかな?


お互いの日々の中でお互いにヒントが見つかると良いね。