見かけは読書日記。中身は毒吐き日記

読書感想を模した毒満載の日記。
普段は西郷どん=夫 に連れられた「犬」
ですが、気に入らないことがあると
一瞬にして「ケルべロス」に変身します。
特に「不倫&W不倫」ネタはケルべロスの
格好の餌食なので該当される方はご注意を。

奥さまはマリナーゼfinal ほしのゆみ著

奥さまはマリナーゼ FINAL (Next BOOKS)
奥さまはマリナーゼ FINAL (Next BOOKS)
宙出版
2017-03-01
Kindle本

う~ん完全に読者の好みを見誤った勘違いな一冊。
これって作者の「なりふり構わない夫大好き!」が
読者(元々はホームページで発表していた)に受けての
書籍化だと思うのに、3巻目で犬が登場した途端
一気に「お犬様」ベースになって面白さnothing!


有能な編集者はその雰囲気を感じ取ったのか
冒頭の漫画にて編集者が

足りない…

ラブ…

足らないんですよ ラブが……っ!

(中略)

マルちゃんを置いて二人でデートをしてきてください!

(丸ちゃんは預かります)ドーン

と言う前振りがあるにも関わらず鳥取に来たけれど
「犬が…」とかせっかく旅行に来たのだけれど地元に
居るのと変わらないレポートに編集者が


「ラブは?! ばかー」 

で〆られている。


編集者の意図したものを汲み取れないようでは…
そもそも一冊目が出た時は2005年。
まだまだネットでこのようなもの出始めだったから
物珍しさも手伝っての人気だったのが、
2014年発行の本書ではもうブログから書籍化なんて一般的認識なので
そういった時代の流れも読めなかったのかな?と。
無料でいくらでも面白い物が読める時代に、お金を払ってまで
読んでくれる人がいるのだからその期待に応える努力位してもいいと思う。
まあ、本人も2冊目ぐらいで「これ、いつまで続けるのかな?」と
マンネリを感じないわけでもないような雰囲気だったのでネタ切れを
無理やり伸ばしたら最終こういった残念な形になりますよ、と言うことで。