Always with a smile!

読書感想を模した毒満載の日記。
普段は西郷どん=夫 に連れられた「犬」
ですが、気に入らないことがあると
一瞬にして「ケルべロス」に変身します。
特に「不倫&W不倫」ネタはケルべロスの
格好の餌食なので該当される方はご注意を。

電車の中の迷惑なヤカラ図鑑 

電車の中の迷惑なヤカラ図鑑
電車の中の迷惑なヤカラ図鑑
東京書店

内容紹介

日々の通勤、通学中、思わずイラっとさせられる電車内の無法者たちをタイプごとにまとめて紹介したイラスト図鑑。<> 迷惑なヤカラたちの行動とその行動を引き起こすメンタリティーを、味わいのある絵とウィットに富んだ文章で解説&指弾。<> 読んで溜飲が下げながら、自身の乗車マナーを見つめ直す1冊です。

中学から出産で仕事を辞めるまで電車通学&電車通勤でした。
現在の交通手段のメインは車で電車に乗ることはめったになくなったので
たまに乗るとホント浦島太郎状態!!
なんと言いますか、一言で言って
これほどまで公共マナーがひどくなっているとは…
と、毎回乗る度に「はあああああ~~~???」と言うことを目にします。
なぜ電車の中がまるで「自宅や自室」かのように振る舞える人がこうも
いるのだろうか?と。
通勤時間に立って菓子パンにかぶりついている20代後半の女とか。
見た時「え?!」と。
(せめてパンはカバンに入れて一口ちぎって口に入れろ!)
そりゃ昔は「駅弁」とかありましたけどねえ…


そこで思い出したのが私の中高時代。
某私鉄を利用していました。
座ることはまず無くて立っているので吊り革をgetすることから始まります。
で、大体文庫本を読んでました。(時代ですね。今だとみんなスマホ 笑)
するとですね、某駅で毎回私の持っている吊り革の上の固い部分を
掴む男が乗ってくるのですよ。
正直、現在自分が利用しているJRだと走行距離が長い分混んでいるので
仕方なしに吊り革の争奪戦になることも理解できるのですが、
その私鉄、めちゃくちゃ混んでいるとは言い難く…
よって、掴まれるたびに「もっと、別のとこに行けよ!」とむかついてました。
さらに。
同一人物か不明ですが、私、身長151㎝(現在)でして。
私が吊り革を持っていると、
その私の肩に自分の肘を置いて
その吊り革の上部部分を掴む奴がいまして…超不愉快でした。
重たいのなんのって!!
しかも電車が揺れてもそいつがガシっと持っているから
身をゆれに任せることもままならず…
今から考えると超失礼な事をされて毎日通学していたんだなあ…と。


あ、もちろんこんなことをされているなんてあの母親には言いませんでしたよ。
言ったところで何にもなりませんから。
夫にはこのことを思い出して「そう言えば…」と話しましたけど。
掴んだ男が超好みの男性だったら青春の思い出の一つや二つになったのになあ…


あの母親=私が中高で電車通学だった時に痴漢に遭ったのでその旨を
母親に話したところ「あんたに隙があるからや!」と言い放たれて以来
この女には何も言うまい!と誓った経緯有。