Always with a smile!

読書感想を模した毒満載の日記。
普段は西郷どん=夫 に連れられた「犬」
ですが、気に入らないことがあると
一瞬にして「ケルべロス」に変身します。
特に「不倫&W不倫」ネタはケルべロスの
格好の餌食なので該当される方はご注意を。

ヴォイス・ダイエット声の出し方でヤセる本 上野直樹著

ヴォイス・ダイエット 声の出し方でヤセる本 (プレイブックス)
ヴォイス・ダイエット 声の出し方でヤセる本 (プレイブックス)
青春出版社

内容(「MARC」データベースより)

おなかをひっこめる「腹式呼吸」、バストアップに「胸郭運動」、

小顔になる「表情筋の運動」…。正しい発声法で効率よくカロリーを消費すれば必ずヤセる! 理想の体を手に入れる「ヴォイス・ダイエット」を紹介する。

私のウオーキングの先生は元々フリーアナウンサーでした。
その為、別枠で「姿勢と発声」の講座も開いておられるのですが
最近「同じするならもっとやせる効果を出しましょう!」
と言うことで歩きながら「あ~」とか「ま~」と
大きな声を出しながら歩くレッスンに変わりました。
するとですね、超疲れます。笑
声を出しながら動くということはこれほどまでにもカロリー消化を
するものかとつくづく実感中!
俳優さんや歌手が痩せているのはこういうことか…
(オペラ歌手は出す構造が違うのかな???太っている人の方が声が響くよね?)
ただし、単に声をのどから出しているのではなくやっぱり「腹式呼吸」で
歩きます。


そもそも声を出すというは、一つの運動です。

多くの運動がそうであるように、声を出すという運動も、

身体が固いと中々上手くできません。

緊張感を取り去り、体を柔軟にしてこそ、無駄な力が抜けて

理想的な発声ができるのです。

声を出すための器官である声帯は、一つの筋肉です。

筋肉である以上は、ある程度のトレーニングが必要です。

だから私は単に声を出すことだけを教えるのではなく、

基本的なトレーニングとして家に帰ったらストレッチングなどを行い、

全身の体力を付け、柔軟性を身に付けるように指導しています。

逆に全身のトレーニングを一切しない人は、

例えば100回歌わせても、中々いい歌声になりません。

また、声を出す経験の中でも、特にカラオケは全身運動です。

因みにカラオケを10曲歌うと、

およそ1㌔走った(50~80キロカロリー)のと

同じぐらいの運動量に等しいというデーターもあります。




とまあ適当に抜粋してみました。
カラオケで腹式呼吸で歌い、
さらに気持ちが乗ってきたら体を動かして歌うと
より一層カロリー消化に繋がりそうなので今後も熱心にヒトカラに
通いたいと思います。(良い理由が見つかった!!笑)


Q:一度に何曲ずつ、どれぐらいの期間続ければいいのでしょうか?

A:一回に10曲から20曲を、一週間毎日歌い続ければヤセます。

これだけ歌えば、かなり汗をかくし、運動としての効果がはっきり表れるはずです。もちろん、のどを痛めない程度にやることが肝心です。


Q:ヴォイスダイエットとカラオケではどちらの方が消費カロリーが

大きいでしょうか

A:ヴォイスダイエットの場合は、力を入れながら口を閉じて腹式呼吸で

声を出しました。

それに対してカラオケで歌う場合は、口を開いてはっきりと声を出します。

ということは、消費カロリーだけを比べると、カラオケの方が低いはずです。

自分でやってみればわかりますが、口を開いて思いっきり声を出すのと、口を閉じて腹式呼吸で声を出すのとを比べると、口を閉じてお腹から出した方が、はるかに疲れるはずです。

それだけカロリーを消費しているということです。