読書日記ときどき愚痴日記

主に読書感想。(だったのに…汗)
かなり独断と偏見更に毒に満ち満ちた狭い世界を
自己満足で満喫しています。
また基本「アンチ不倫、特にアンチW不倫」派なので
今後そのような本を読んだ場合及びブログを読んだ場合は
手厳しく批判していくので該当される方ご注意くださいませ。

神様の御用人6 浅葉なつ著

神様の御用人6 (メディアワークス文庫)
神様の御用人6 (メディアワークス文庫)
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
2016-09-23
Kindle本

予約を入れて1年越えぶりに借りることができました!
と言うのもどうもあと5番目と言うぐらいで借りていた人が
半年以上キープしていたように思われ。汗
いつまでたっても自分の番が近づく全然数字の変化のないまま
やっと借りれた感半端ないですね。
公共物は期間内にちゃんと返却してくださいね。
もっと言えば約束を守れない人にはペナルティ制度の導入を
希望します。(一定期間貸出禁止とか。以前、そのような事を
書いて図書館に要望提出しましたが「借り手の都合もあるので
出来ません」と言ういかにもお役所的な返答を頂きました。
借り手の都合優先ですかあ…
もうここにはこの手の改善要望を出してもムダ!とつくづく
思い知らされたのでこっちも汚して返したろか!怒 と言う
気持ちになったとは言いません。
そこで一種のサンプルとしてこのような嫌がらせをやってみました。


私が予約を入れている本がいつまでたっても戻ってこない。
まさに半年以上。図書館にも何度も催促して「督促」をするように
即しても何の拉致もあかない。
で、私もある一冊=他の人が予約を入れている本を
わざと返却せずに知らん顔して本を借りつづけ!!
図書館員は「返却期日が…」と言うものの私は無視!(鬼!笑)
こっちにしてみれば「じゃ、私が予約している本が返却されたら
こっちも返してやらあ」と言いう気満々!
が、正直いつまでたっても返却されないのでこっちも疲れてきて
ついに返却しましたよ!!!!
結局、その本は「行方不明」(!!!!!)と言うオチで終了!
そんなのあり?
もっと真剣に督促していたらその結果がわかって、他市の図書館に
蔵書があれば相互貸出制度も使えるのに!!と我が市の図書館員の
レベルの低さに呆れて以後、この人たちと返却貸し出し時も「無言」を
貫くことに。笑
もう少し知能のある人を雇ってもらえませんか?と
図書館に行ってそいつらと顔をあわすこと自体が苦痛でした。
ま、所詮は指定管理者制度の委託&派遣なのでその程度と思えば許せる、と
人を見下して自分の感情を抑えることも時には必要だと学習した次第。
全ての人が自分と同じレベル(能力)と考えるから疲れるんですね。


とまあ、本書感想と全然関係のないことを書いてしまいました。


昨日まで『絶対城先輩』シリーズで「妖怪」について書かれた本を
読んでいたのに対してこちらは「神様、神社」についてのお話。
似ているようで全く似ていないというか、
「絶対城」はどちらかと言えば作者の一種の「説」を面白おかしい
主人公の会話を通じて発表している場で正直何も得るものはない、
に対してこちらは今まで「神様」と言う存在に対して持っていた気持ちを
見直すきっかけとなったシリーズ。
ただ単に都合のいい時だけ「神頼み」して通常はころりと
その存在すら「忘れている」そんな失礼な態度取る人間と言う
下等生物をそれはそれは優しい目で見守り心を痛めてくれている
神様と言う存在があることに心打たれます。
そう、話の内容によっては涙することもある本書シリーズ。


もしかして神様がこんな風に嘆き、悲しみ、愁いているのか…
と反省させられることしばし…汗


今回「平将門」公、建御雷之男神(たけみかづちのおのかみ)
と経津主神(ふつぬしのかみ)、宗像三女神(むなかたさんじょしん)
が取り上げられています。


今回の話はどれも「相手を思うがゆえのすれ違い&悲しみ」がぎっしり!!!!
現世における兄妹の話もうまい事からめてあって、お奨めの一冊!
この本の裏表紙に
累計100万部突破!とありますが、このシリーズに関してはラノベと言う
域を超えて胸にジンと来るものがありますので納得です!
神様に対する軽率な気持ちを改め、お願いばかりするのではなく
感謝し自分の気持ちを宣言する場であるということを再認識していただきたい。
もっと言えば歯が痛いのに外科や内科に行くかのごとく、筋違いの願い事を
筋違いの神社でするような、その神様がどのような神様か理解していないという
全く持って失礼な事をしている人が多いのは真剣どうかと思う。


神様の憑代は「鏡」。
自分が自分に対する気持ちを新たにして誓う場所なんですけどね。
それを知って以来神社に行っても「お願い」するよりも
「ここに来れたことを感謝します」と言う形に変えました。
そんなに「お願いすることも無い」と言うのが実情ですけど。
お願いがかなった時に「お礼」に行けるかどうかそれも考えた上で
神社訪問なさってくださいね。
人(神様)に親切にしてもらってそれっきりってのは人としてどうかと
思いますよ。(それが出来ないから「鬼」になるんじゃないですか?)
と絶対城先輩の流れも汲んでみる。