読書日記ときどき愚痴日記

主に読書感想。(だったのに…汗)
かなり独断と偏見更に毒に満ち満ちた狭い世界を
自己満足で満喫しています。
また基本「アンチ不倫、特にアンチW不倫」派なので
今後そのような本を読んだ場合及びブログを読んだ場合は
手厳しく批判していくので該当される方ご注意くださいませ。

大久保町の決闘 田中哲弥著

大久保町の決闘―COLLECTOR’S EDITION (ハヤカワ文庫JA)
大久保町の決闘―COLLECTOR’S EDITION (ハヤカワ文庫JA)
早川書房

私が借りたのは書庫にあった1993年発行版。
電撃文庫でした。
兵庫県明石市の大久保町が舞台ですが、なぜかガンマンの街に
なっている設定。
母方の祖母の家があるから電車に乗って大久保駅に着いたら
わけのわからないことに巻き込まれた高校生が主人公。
何もしていないのに「凄腕のガンマン!」とか言われて巻き込まれていく。


25年近く前のラノベですが、今のラノベとは全く違っていて
ある意味新鮮で突拍子もない設定が面白かった。
参考にあげている本が「早川」から出ているのも納得。
「SF」ジャンルでOKかと。


ただ、借りた本が古すぎ&書庫&水濡れと言う3重
(黄ばみが半端なかった…)の為かなりの斜め読み。
それが無かったらじっくり読みたかったなあ…
(でも紙ダニもいそうだし、何より臭いがまじ半端ない。
いつまでも鼻に臭いが残っていて困る)


大久保町は燃えているか (電撃文庫 (0055))
大久保町は燃えているか (電撃文庫 (0055))
メディアワークス
さらば愛しき大久保町 (ハヤカワ文庫 JA タ 9-5)
さらば愛しき大久保町 (ハヤカワ文庫 JA タ 9-5)
早川書房

と続編があるらしい。
臭くなかったら読みたいけど…