読書日記ときどき愚痴日記

読書感想を模した毒満載の日記。
普段は西郷どん=夫 に連れられた「犬」
ですが、気に入らないことがあると
一瞬にして「ケルべロス」に変身します。
特に「不倫&W不倫」ネタはケルべロスの
格好の餌食なので該当される方はご注意を。

ランウェイの恋人2 田中渉著

ランウェイの恋人2 パリ死闘篇
ランウェイの恋人2 パリ死闘篇
小学館
2013-08-30
Kindle本

コイツ=アキ プロ意識無さ過ぎ!の甘ちゃんもいいとこ!!怒
そもそもこの作者、パリの街を歩いたことも無くただただ想像だけで
書いてない??
ウオーキングしている人間なら「走る」よりも急いでいる時は
「大股で歩く」のが基本かと。
膝というか体が資本のモデルがその資本をダメにするようなことを
するかな?
走ることは歩くこと以上に膝に圧力がかかるから。
それ以上に、30年前ヨーロッパに海外旅行に行ったとき
現地案内の人から
「ここでは絶対に人は走りません!
走るのは日本人とどろぼう(ひったくり)だけです!!」
と言われたのを思いだす。
逆に日本人が走っていると「あいつは泥棒か??」と思われると
言われたもんですが、30年も経てば走るのが普通になったのか?


24歳ってまじかよ?突っ込みどころ多すぎてイラつく!