読書日記ときどき愚痴日記

主に読書感想。(だったのに…汗)
かなり独断と偏見更に毒に満ち満ちた狭い世界を
自己満足で満喫しています。
また基本「アンチ不倫、特にアンチW不倫」派なので
今後そのような本を読んだ場合及びブログを読んだ場合は
手厳しく批判していくので該当される方ご注意くださいませ。

みつばの郵便屋さん 小野寺史宣著

([お]12-1)みつばの郵便屋さん (ポプラ文庫)
([お]12-1)みつばの郵便屋さん (ポプラ文庫)
ポプラ社
2014-08-05

ポプラ社から出ているということもあって、主人公は「いい人」です。
正直初めは「児童図書の派生」かと思う若干「うぜ~」展開にイラっとしてました。笑
ただ、完全児童図書でもなく、ヤングアダルトでもない一般書らしく
文中に「大人のいやらしさ」とか「毒」が仕込んであって表紙のイラストの
ほのぼのさとは少し違うなあ…と言う感じ。
まあ、読んでいてどうってことも無い淡々とした「郵便配達員の日常」が
書かれています。
そういう意味では普段「風景の一部」である郵便配達と言う仕事を
クローズアップしてある「お仕事小説」なのかな??
まあある意味すごいですよね毎日毎日「手紙」を届ける仕事って。
特に今の季節だと暑いし、雨だと蒸れるし。
新聞屋さんも似たようなものだけど。
続巻は借りていますが、別にこれで終わっても問題ないぐらい
「続きが気になる」シリーズではありません。
本当に淡々と。
郵便屋さんの仕事ってものを理解してほしくて書いたのかなあ…




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
私は図書館で本を借りて読んでいるので「懐」は全く痛みませんが、
夏で暑いこともあるせいか最近どの本を読んでも「面白くない」
と感じることが多すぎです。
むしろお金を出して読む価値のある(はず)の一般図書よりも
素人さんが書いたブログや動画の方が面白いとそっちの方ばかり見てしまいます。
最近本当に本を読むことすらめんどくせえ。
これって一体なんなんでしょうねえ…