読書日記ときどき愚痴日記

主に読書感想。
かなり独断と偏見更に毒に満ち満ちた狭い世界を
自己満足で満喫しています。

みつばの郵便屋さん2 小野寺史宣著

([お]12-2)みつばの郵便屋さん 先生が待つ手紙 (ポプラ文庫 日本文学)
([お]12-2)みつばの郵便屋さん 先生が待つ手紙 (ポプラ文庫 日本文学)
ポプラ社
2015-02-05

一巻目と登場人物および場所にほとんど変化の無い内容。
まあ、郵便配達員が主人公な場合、そうコロコロ場所(持ち場)が
変わる職業でもないし、殺人やその他もろもろの事件が起こる方が
おかしいんですけどね。
とはいえゆる~~~い展開にこのまま延々と続くのだろうか…と
思うと若干「飽き」ますね。


さて、本書内でこのようなことが語られます。
p151

このようなパターンの場合、便宜上配達してしまうこともある。

そうした方が受取人の利益になることも多いからだ。

例えば中学や高校の同窓会開催の通知はがきが実家の方に来る。

本人はもう住んでいないからと言って、それを差出人にあっさり返してしまうべきなのか。答えは簡単。

返してしまうべきだ。

期限が過ぎていれば、転送する必要も無い。

還付する。

それで問題ない。僕らが責められる理由も無い。

でも。それでいいのか?

一番いいやり方は、直接訪ねて居住者に確認するというものだろう。

早坂君も実際そうしたらしい。

ただ、その時は親御さんが不在だった。

だから、持ち戻る必要までは無いと判断し、

郵便受けに入れてきたのだ。そう責められることでもない。




この本を読んで知ったことは郵便屋さんってどこの家に誰が住んでいるか
ってことを把握しているということ!!!!!!!!!驚
文中にも「その人はそこにもう住んでいない。戻していいよ」と
言う描写が出てくる。
と言うことは、例えば事件があったとして刑事さんは近所に聞き込みするより
配達員に聞いた方がよっど住人把握していると思う!!
とはいえ、うちの子供は大学を住民票(転居届)を移さずに下宿していたため
次男はいまだにこちらに手紙が届くのは当然として、
一方、長男は下宿先から現在住んでいる関東に転居届をだしている(はず)
ですが、未だに届くんですけど…汗
まあ、この住所に「××」と言う苗字の家が存在して住所と一致していれば
とりあえず本人にはいつか届くだろう…ってノリだと思いますが。
(ほとんどが高校や大学からの会報なので問題はないと言えば無い)
と思うと、文中の配達員のような「責任感」って本当に現実の配達員は
持っているのかな?と非常に気になるところ。
だって、身分が「国家公務員」からただの「一民間企業」の下手すれば
「外部委託」扱いになっていそうな配達員にそこまで守秘義務とか
課せれるのかな?と。

で、さらに本文中にボロボロになった封書が届いた!!!怒 と言う
クレーム話が載っていたのですが、そういえば私も一枚本当に
ボロボロになったそれこそセロテープが貼ってあったハガキを受け取ったことがあります。
おざなりの小さな紙に「配達中に破損しました」と印刷した文言が書かれた謝罪の意も全く無い物が貼られただけのものが。
どの過程で一体何が原因でここまでボロボロになったのかの説明は一切なく。
これ、「どういうことですか!!!!!!!!怒」とクレーム電話を入れたらよかったのかな?と今にして思う反面「ま、言ったところで郵便局だしね…」と
どこか諦めている部分もあって。笑
これが郵便だから諦めているだけで、一般の店特に飲食店だとそのまま
お客さんが遠のくパターン。
いわば「競争相手がいないことからくる、おごり」ですね。
競争相手は「メール」になってしまい、郵便料金を上げざるを得ないことに
なっちゃったんですけど。


まあ、この本「郵便配達員の苦労話」と割り切って読むか、
そのクレームの対処法などを自分の職業にも転用して読むか。
そう言った意味では社会人1~2年生にはいいかも。