読書日記ときどき愚痴日記

主に読書感想。
かなり独断と偏見更に毒に満ち満ちた狭い世界を
自己満足で満喫しています。

似合う服がわかれば人世が変わる ジョージ・ブレシア著

ニューヨークの人気スタイリストが教える 似合う服がわかれば人生が変わる
ニューヨークの人気スタイリストが教える 似合う服がわかれば人生が変わる
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2015-11-19

日本のスタイリストが書いている本、例えば

服を買うなら、捨てなさい
服を買うなら、捨てなさい
宝島社

新・片づけ術「断捨離」
新・片づけ術「断捨離」
マガジンハウス

を読んだことのある人なら「似たことを言っている…」と
思う内容。
要は古臭い何十年前の服をクローゼットにいつまでも置いておかない。
今の自分(の体形)に似合う服を選りすぐりで揃えること!
まあ、これに尽きます。



本書はニューヨーク在住のスタイリストが書いているので



「スポーツクラブ」に行くときにたいていの人が

「オシャレしなくてもいい場所」に分類していますが


それは大間違い!

未来の夫に出会うかもしれないし、

ビジネスで有力なコネができるかもしれないし、

それに新しい親友と巡り合えるかもしれない。

よって、


恋人や夫、兄弟の服など男性用の服は絶対に着てはいけません。

高校や大学時代の服を着ない。許されるのは現役の学生だけ。

ぶかぶかの服を着ない。

家の掃除や洗車の時の様な服は着ない。

変な組み合わせの服を着ない。ピエロのような恰好は卒業しましょう。

穴の開いたスニーカーは履かない。汗ジミができたTシャツは着ない。

トレーニングウェアにもプライドを持つ。



日本では「スポーツクラブ」を「コンビニ」に置き換えたら
腑に落ちるのでは?
日本の女がよく「出会いが無い!!いい男がいない!」とほざきますが、
コンビニに「寝間着(と変わらない服装)」を着て「寝起き」のような
顔で行っても出会いは無いでしょう?
たとえ数分の「ちょっとそこまで」であっても服装に気を抜かない人が
(といってフルメイク、ツケマもカラコンバッチリも引くけど…)
「いい人getだぜ!」なのではないでしょうか?
いわば「そこまで気を遣える人」かどうか。
いい男は「仕事もできる人」であることが多いから、多分
「気を遣う仕事」をしていて自分と「同等」を求めるとしたら
いくら綺麗でも「がさつ、気が利かない」人を選ぶ確率は低いと思う。
(きれいなのに彼氏いない、って人はここら辺を見直した方が…)


chapter1で

「着ている服」=「あなた自身」

あなたが着ている服は、

あなたが口を開く前にメッセージを発しています。


ファッションの意識を高めるにはどうすればいいか。

その第一歩は、簡単な質問から始まります。

「これは何を伝えているの?」



なぜあなたはその服を選ぶの?
そしてそれを着ることによって周囲の人にどんなメッセージを
発したいの?
そんな風に毎回自分に問うことによって「自分」を見つめ直すための
レッスンなのかもしれない。