読書日記ときどき愚痴日記

主に読書感想。(だったのに…汗)
かなり独断と偏見更に毒に満ち満ちた狭い世界を
自己満足で満喫しています。
また基本「アンチ不倫、特にアンチW不倫」派なので
今後そのような本を読んだ場合及びブログを読んだ場合は
手厳しく批判していくので該当される方ご注意くださいませ。

モンスター・シークレット 藤本ひとみ著

モンスター・シークレット
モンスター・シークレット
文藝春秋

『シャネル』の本の横に在ったので借りてみた。
正直題名から一体どんな話??と言う感じ。

歓びの娘 鑑定医シャルル(鑑定医シャルル・シリーズ) (集英社文庫)
歓びの娘 鑑定医シャルル(鑑定医シャルル・シリーズ) (集英社文庫)
集英社
2015-05-01
Kindle本

過去にこの「シャルル」シリーズを発表されているのですが、時代設定が違う。
しいて言えば、このシリーズの「子孫」?かと。
このシリーズのようなドロドロした残虐シーンは現代なので薄目に。
どちらかと言えば藤本さんお得意の「フランス歴史ものベース」。
先に読んだ『シャネル』がすでにたくさん出回っている伝記をベースに
しただけの、あまりオリジナル感が無かったために「イマイチ感半端ね~」
だったのでやっぱり小説家はこういった独自の話の展開で書いた方がいいと思う。


あと、題名ですが「ナポレオンの遺産」とか「ナポレオンの宝」など
ナポレオンを冠した方が良かったのに。
せめてフランス語とかフランスぽいイメージが抱けるような語感で
お願いしたかった。
この題名だと舞台は日本、それも手におえない親が出てきそう。
題名で失敗しているような気がする。
センスの無い担当編集者に押し切られました、良さが出ませんでしたみたいな
感じ??