読書日記ときどき愚痴日記

主に読書感想。
かなり独断と偏見更に毒に満ち満ちた狭い世界を
自己満足で満喫しています。

愛され女子研究 おかざきなな著

男が選ぶオンナたち 愛され女子研究 (講談社+α新書)
男が選ぶオンナたち 愛され女子研究 (講談社+α新書)
講談社

そういえば、独身の時の会社で男性から
「お前、女子校出身!!!!??????????
うそや~絶対、男子校出身やろ~~~~~~~」と
言われたことを思いだしました。
今にして思えば男子校は男子校でも「お坊ちゃま系」でもなく
「お勉強系」でもなく失礼ながら「工業系」の男子校扱いで
言われてしまったような気が…汗
せめて「共学」と言ってほしかったなあ…と今ふと思います。
けれど、女子校と言うところは当たり前ながらあくまでも生物学上の
女子しかいません。(本質は別次元ですが)
よって、文化祭などで重たいパネルを運ぶのも自分達。
金づち持って走り回るのも自分達…
自然「自分でしなければ」と言うことが身に付いた結果…
会社に入って初めて男性とふれあう環境になった場合、
共学卒の女子たちは気楽に男性に「わ~ん、これできな~~い」と
可愛くおねだり(?)&お願いができるのですが、悲しいことに
その習慣が無い男子校卒扱いの女子校卒生には「恥ずかしくて言えね~」状態。
ある意味、そう簡単に頼めるのが羨ましかったです。
当時はなぜそんな簡単な事でも男性に頼るのか、不思議だった。
例:椅子の高さが合わない。ひっくり返してねじを調節したら
いいだけの事をお願いしてやってもらっていた…汗
その横でひっくり返して自分でさっさと済ませて座っていた私…

コクヨ オフィスチェア 事務用回転イス 10シリーズ CR-2Z ローバック メッキ脚 PVCレザー/グレー
コクヨ オフィスチェア 事務用回転イス 10シリーズ CR-2Z ローバック メッキ脚 PVCレザー/グレー
コクヨ(コクヨファニチャー)
文房具・オフィス用品

↑25年以上前だからこんな椅子ね。


結婚してハラボテ状態で、足場が不安定な台に載って高い棚のものを取ろうと
背伸びしていたら夫が「言えば、取ってあげるのに」と言ってくれて
初めて「そうか~言えばいいんだな~」と理解した次第。
でもやっぱり、今でも夫に言うより自分でした方が早い場合は脚立を持ってきて
自分でしますけど。笑
因みに我が家のPCのセットアップは全部私がする。
夫の不注意でリカバリーする羽目になった時も全部私がした!怒
このやろ~何、こんなサイト見てんだよ!!!ってやつですよ。怒

↑こっちはそれなりに理解ができる


ここまで来るとさすがに「時代が違う…ここまでひどくなかった…」と
読みながら大笑い!


一方、夫。
大学まで共学。
高校は理数クラスで男子のみ。(時代ですね…)
なおかつバリバリの体育会系趣味を今でも継続。
現在これまた過半数以上が男で形成されなおかつ時代錯誤な考え方が
未だに健在なブラック会社に勤務。(男尊女卑、とも言う)
夫本人ですら「いい加減、もっと今風の考え方を取り入れろよ!!!!怒」と
言うぐらい終わっている会社。
てなわけで「出会い」が少なかった夫に一見女子校育ちの「女らしい」外見
を持つ私
との見合いで一発で気に入ったのは自然な流れ。
本質が「男子校卒の女」なんだから気が楽!だったのが真実か?と
今思い当たることが多すぎてなんだかなあ…


そういえば義兄に初めて会った時も
「俺、普通は人見知りでうまく喋れない方なんだけど…
自分(私の事)とは普通に話せるな。」と言われたっけ…
やっぱり「男子校卒の女」だからか?
(お兄さんは夫以上にバリバリバリバリの体育会系。元、体育教師)
まあ、そんな男子校卒女でも結婚25年目を迎えているのである。


さて、本題。
本書でp47~
愛され女子の特徴と男性が距離をおきたくなる女性の特徴が書かれていますが、
後者は女から見ても「イヤ」なタイプなので抜粋は省略。
第5章に「一瞬で愛されるテク」21の習慣が載っていますが…
これも抜粋するにはかなりの抵抗が。
一言で言ってしまえば
「これが通じない相手も世の中にいることを
もっと認識した方がいい」
と言うのが私の感想。
実践13「パスタテンプテーション 美味しそうに食べる姿がエロい」
と言うことなのですが、その姿ハッキリ言って「オコチャマ以下」
息子の彼女がここに書かれている仕草で私の前で食事したら
「きちんとしつけられたお嬢さんではないので、別れてちょうだい!」と
言いたい。
その仕草を抜粋するのもレベルが低すぎるので、
レベルの低い男をゲットしたかったら
ぜひとも実践して陰で笑われてください。毒

レベルの高い男は自身も食べ方がきれいなので、
それ以下の女は見向きもしないと思う。
アクセサリーとして連れ歩くにはいいけど、
まず、結婚は考えないなと男子高卒の私でも思う。
「遊ばれている」んじゃなくて「遊んでもらえるだけでもありがたく思え」
レベルですよ、この仕草。アホすぎる。


実践17の手のマッサージもうちの夫はすると「痛い!」と嫌がります。笑
実践20相手の匂いを嗅ぐ、も私は夫の匂いを「クンカ、クンカ」したいので
寝る前にやると「フガフガしたら鼻息がこそばいから止めて」と全身で拒否られます!
ボディタッチも「こそばいから止めて」と敏感肌(?)の男にはかなり
嫌われる要素なので相手をよく見て判断した方が得策かと。
一方で、嫁には触られたくない、嗅がれたくないだけなのかもしれないけど…
いいぢゃないか、匂うぐらい…
いいぢゃないか、そのプよプよした肉を触るぐらい。
いいぢゃないか、「一口、噛ませて」とお願いするぐらい。
いいぢゃないか、パンツのゴムをパッチン!と言わせるぐらい。


ウチの場合は (1)
ウチの場合は (1)
毎日新聞社

↑お父さんが「夫」にそっくり…やることなすこと…滝汗



極めつけのエピソードとして

リビドーロゼ(ベッド専用香水)【ラブコスメ正規品】P
リビドーロゼ(ベッド専用香水)【ラブコスメ正規品】P
ラブコスメ
コスメ

↑これ「男をベットに誘う」香水です。
別名「したくなる 香水」。
で、付けて布団で待ちました。
結果





「何この匂い!!!!
臭い!!!!!!!!」


ものすご~く嫌がられました!
当然その夜のえっちはありませんでした!!!!
むしろその匂いを嗅ぐたびに思いだして腹が立つので
ルームコロンとして大量消費して視野から消滅させました。
しばらく臭いで気分が悪かったですけど。笑


よって、
本書に書かれている技が通用するかしないかは
相手の性格、好み、その他もろもろを吟味したうえで
自己責任で実践することを強くお勧めします。


逆に、ここに書かれているテクで落ちるような男なんて
所詮その程度。
本当に良い男を見つけるには…
ま、せいぜい努力してくださいな。

p.s
先日夫が飲み会で遅かったのでふと思いついて
「(ここまで遅くまで起きて待っていたんだから)
ねえ、シャネルのバック買っていい??
60万円の!」と言いました。
ゆっくり上品に言ったところで相手の耳には届かないので、
いつもの調子ではっきりと端的に言いました。笑
そしたら夫、「いいで」と。





いいんかいっっ!!!!!!!!!!!!????????


まあ、相手飲んでますしね。
それ以上に、私の性格を熟知しまくっている(操作しまくっている)のだから
私の性格上「カバンごときに、そんな大金出して買うわけがない」と
見破られているからこその返答&発言だと思います。
本書の「嫌われ女」の項目に「無駄使いする女」が挙がってるし。
私がブランド好きだったら初めから結婚してませんね、この男は。


まあね。
シャネルを中古でも泣いてほしがる「女子」の心理が理解できない
男子校卒女だからこそ、女子の中での暗黙のルールが全く
出来ないからあれこれ言われるんだろうなあ…と思い当ります。
「いいわね~そのバック。ステキ~~~~~欲しいわ~~~」と
思っていなくてもシャラっと相手に言えるだけのリップサービスが出来れば、
パートの女社会およびママ社会とも苦労せずに済んだんだろうなあ…
と思います。