読書日記ときどき愚痴日記

主に読書感想。
かなり独断と偏見更に毒に満ち満ちた狭い世界を
自己満足で満喫しています。

ごもっともすぎて完敗 姐さん、勉強になります



まあ、リアルで悪口を言うと回りまわって自分に…と言うのは
非常に自覚しているのでついついブログでぶちまけてしまって
ご迷惑をおかけしている次第でございます。
でも、リアルの愚痴ってホント溜まるんですよねえ…
読書感想以外の愚痴は一か月以内には消す=吐いてすっきりしたから
ようにはしていますが。
コメントも一緒に消えてしまうので申し訳ないとは思いますが、
いつまでも愚痴ブログが残るとそこだけ「黒いもの」が溜まっていく
気がするので。
それと


これも非常に自分も思っていたことをズバリ書いていただけて。
まあ私の場合は結婚してパートに出だして女ばかりの職場ばかりを
経験したからこそ「もう、女はイヤだ!!!!!!」と
仕事以上に人間関係に気を遣いすぎる状態にほとほと嫌気がさして。
女子校卒(実質男子校。しつこい)だったのに、
(当時は「苦手」とはさほど思わずにクラスメイトと喋っていただけに)
「おんな、怖い」と言うか同性のはずが異性にとしか捉えられない
感覚に悩まされている状態。(よって、引きこもり中)



で、この方のブログを読んでいて思ったんですよ。
「私、大人の英語辞める必要あるの?」と。
確かに「環境を変える」は「視点を変える」意味でも
大切だと思う反面、これって「また、嫌な環境から逃げてる?」って
自己否定につながりそうで。
上級さんが皆揃って「外出好き」なのであれば
私は「究極のひきこもり」の意地を見せてもいいのでは?と
思い始めたあたり。
先生が「先週は何をしましたか?」と問われたら
「ずっと公文してました」と堂々と「けんか(?)」売っても
いいのではないかと。だって、本当にそればっかりしているんだから。
もしくは公文をしていなかったときは読書をしていたのだから
「今週読んだ本」と独自のワールド展開に持ち込んでやろうかな、と
(悪い方に?)閃いてしまったわけですよ。
「変わった人」には「変わった人」なりの矜持がある!!!!


今までのパートの劣悪な環境に比べたら、ある意味「まし」な状況だと思う。
お嬢奥様の「ふあふあ」した雰囲気(セレブ?と言うのか??)
に自分が居心地悪いとはいえ、ある意味意地悪なボスざるがいるわけでもない、
足を引っ張ったり妬みの感情をぶつけてくる奴がいるわけじゃないのなら、
「あら、お暑い中みなさん外出、ご苦労さま。
私は、涼しい部屋で読書をたしなんでおりましたよの。おほほ…」って感じで
あえて同じ土俵に乗った勝負をしなくてもいいんじゃないのか、と。
受講時間1時間。
「どこでなにをして~」で約30分消費。
残り30分で、特に英語を勉強したとはとても言えない状況になってしまった
(初級の時は皆そそくさと自分の「何をした」を切り上げたので、
すぐに教科書やその他の英語の課題に取り組めた)
ので「英語を習いに来ている実感が非常に薄い」のが「辞めたい」理由の
1つでもあったけど、じゃあ、堂々と「英語」で持論展開に持ち時間を
使ったらいいんだよね?とさらに思考がいがみはじめたわけですよ。笑
「英語を習いに来ているから、喋っているんですよ。何か?」みたいな?笑


だって、上級さん一人5分以上は延々と英語と補足日本語を混ぜて、
お話になるんですもの。
受講生6人。5分×6人で30分。
けど、元初級は1~2分ですから。笑


「怒り」は私のパワーの源、原動力。
「くそ~まけるもんか!!!!!!!!!!!」と言う
意地の魂に火が付きつつある。