読書日記ときどき愚痴日記

主に読書感想。
かなり独断と偏見更に毒に満ち満ちた狭い世界を
自己満足で満喫しています。

「実演はご遠慮申し上げます…」

某宮さま(←新聞では「さま」とひらがな書きだった。「様」じゃないのはなぜ?)
の会見での発言を聞いて(読んで)思ったのは
「上手い言い回しだなあ~」と。
このように先手を打たれたら「では、ここで…」とはつなげにくい。
立場上それを無理強いされることは決してありえないけど、
それでも先に言っておくことに越したことはない。
これ、応用できたらいいなあ~
「出身は?」
「具体的な地名は避けさせていただきますけど、×市です」と
言ったら
1、それ以上聞いてこない
2、え?×市のどこ?とさらなる突込みを入れられる
私の場合は常に2を相手が選択する立場にあるらしい。


先に「言いたくない」ことを言外に含んでいることをくみ取れよ!!怒
と思うのですが、汲み取れない人ならそれはそれでしかたないけど
それ以上は親しくなりたくないリストに振り分ける踏絵(踏み言葉)として
活用するしかないのだろうか?


それよりもそう言われたらこちらから「なぜお聞きに?そちら様は?」と
質問を質問で返すというやり方をもっと積極的に採用すべきか?
(基本、他人に興味が無いから質問する=相手に聞くという思考が全く無い。
聞かれっぱなしと言う状況がイラつく原因なのかもしれない。
なら、こちらがだ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っとあいての
個人情報にガッツンガッツン踏み込んで嫌われた方がいいのか?)


実際、先日見学に行った場所でも
Aさんが「どちらにお住まいで?」ときくから
「×市です」「まあ、それほど遠くないわね」的な会話を交わした後、
その隣にいた人が「え?どこにお住まいって?」と聞いてきた…呆
「今、言ったばかりですが。お前は何を聞いてたんだよ!!!」と
一瞬固まりましたね。その人、別に他の人と喋っていたわけでもないから。
このように私の場合は「その質問を今ここでされるとは思わなかった」
=意外な質問過ぎてとっさに言葉が出てこないのが常。
この場合「今、お伝えしましたけど?(以上!&にっこり)」と会話を打ち切って
やればよかったのか?とか思ってしまう。
とは内心は思ってみてもこれからここに新参者として参加するのにそれはどうよ?
と一応大人の対応はしましたけど。
ああ、鈍い人なんだなと言う形で処理。


なので、昨日の会見も練りに練った質疑応答丸暗記お疲れ!!!
って感じですね。
「余計なこと、聞いてくるなよ!!!」オーラ全開のピリピリしたムード。笑
終わった後「間違えずにセリフを言えましたね」って感じの
高校の演劇部のお芝居を見ていたような気になったのは私だけ?笑


まあ、一般の会社での面接でも「聞かれるであろう質問」がある程度
マニュアルとしてあるだろうから、それに似た形で応答したから
ああゆう「血の通っていないような棒読みの返答」になったのかしら?
元皇族の離婚ってありえるのだろうか?とか某若手女優と某男性ボーカルとの
出来ちゃった結婚とどちらが先に離婚するかしら?など失礼な事を
考えた2件の結婚(予定)報告でした。
どっちも「その後」はもう聞きたくも無いですけどね。


他人につけつけと質問をしてくる人ってよっぽど自分自身に魅力が無いから
他人から質問されまくる人間の気持ち(立場)がわからないのだろうか?
何度も似たような質問を受ける人間にしてみたら正直「うんざり」している。
「ああ、また聞かれるのか…」と。
似た境遇の人なら「お互い大変ですわね」と相身互いできるのですが。
なので、自己紹介できる場があればさっさと捨て情報(ダミー情報)で
情報開示して「先に言ったことが全て。これ以上聞いてくるな!」という
態度で接してますけどね。
個別に似たような質問を受けるのは本当にうんざりなんですよねえ…


と、宮様からボヤキになってしまった…
要は付きあう人を選べってことですね。(違)