読書日記ときどき愚痴日記

主に読書感想。(だったのに…汗)
かなり独断と偏見更に毒に満ち満ちた狭い世界を
自己満足で満喫しています。
また基本「アンチ不倫、特にアンチW不倫」派なので
今後そのような本を読んだ場合及びブログを読んだ場合は
手厳しく批判していくので該当される方ご注意くださいませ。

ペットとの付き合い方

「大人の英語」で聞いた話。
ある方が海外で娘さんが出産するのでご夫婦で行くことに。
約一か月。
自宅には19歳になる「ニャンコ」が居たそうで。
一か月と言えば長期なので親戚に預けて行ったとか。
帰宅してニャンコを迎えに行くと「痩せていた」。
そして、三日後、ニャンコはpassed away してしまったのだとか…涙


預けた親戚に言わせるとニャンコが「吐く」ので食べさせなかったのだそう。
聞いていてつらかった。
慣れない環境で、高齢。
餌が合わなかったのか、えさの配合がイマイチだったのか。
理由はわからないけど、「吐く」と言うことから「不調」とは
読み取ってくれなかったのか?
吐くから餌をやらないという選択肢があるとは思わなかった。
メンバーのほとんどがペットを飼っている(いた)ので一瞬にして「お通夜」状態に。
病院に連れて行っても「手遅れ」で泣き、
異変に気が付かなかったことを責めて過ごすことがほとんどのペット飼い。
(私の場合は連れて行ったがために寿命を縮めた、と言う泣くに泣けない
パターンも経験している)
これほど「異変」が目に見えているのに何もしない人に世話を頼んでしまったのか
と「喜びごとと悲しみが一気に来た夏でした…」とのこと。
家にいるペットたちに一日でも長く、側にいてほしいそう感じた話でした。


来週四日(丸二日不在)ほど旅行に行くので次男に帰宅(大学はまだ休み…)
してもらう予定ですが、めっちゃ心配!!!!!!!!
そういえば今まで「ペットがいるから…」と日帰りか近場の一泊二日
しか旅行したことなかったんだっけ…と今さらながら理由を思いだした私でした…
(今回夫の誕生日&銀婚式記念もあって張り切っていたんだけどなあ…
めっちゃ、複雑な気持ち…)


でも、次男は私がしていることをよく見ているから安心だけど、
これを夫に頼むと今回の話の二の舞になりかねないなあ…と
思う妻であった…