読書日記ときどき愚痴日記

主に読書感想。
かなり独断と偏見更に毒に満ち満ちた狭い世界を
自己満足で満喫しています。

苫米地英人の金持ち脳 苫米地英人著

苫米地英人の金持ち脳  ~捨てることから幸せは始まる~
苫米地英人の金持ち脳  ~捨てることから幸せは始まる~
コグニティブリサーチラボ株式会社
2014-04-10
Kindle本


かなりくせのある文章、思い込みと言うかなんというか…
私自身も癖のある文章を書いている方だとは思うのですが
比較にならないぐらい「我が道(論)を突っ走る」感じ。
好き嫌いが大きく分かれそうですね。


前半は超退屈で「途中放棄」しようかな?と言うよりも
書いていることが全然頭に入ってきませんでした。笑
「これ、日本語?」ってぐらい。


けれどp136のあたりでやっと「金持ち脳」についての記述あり。

例え収入が低くても支出が少なければ金持ちで、

高収入を得ていても支出が多ければ貧乏である。

収入が少ないのに、少しも貧乏に見えない人は、

収支のバランスが取れていて、貧乏脳の要素の一つである

不満足脳を持っていないのである。


使うお金がきちんと収入におさまり、ほんの少しの余剰がある。

こういう人の脳は、持っているお金の絶対量に関係なく、

「金持ち脳」と言える。


「不満足脳」と「低自己評価脳」と言う二つの脳の働きが、

貧乏脳を形成していく。

お金が減ると貧乏になるのではない。

欲望が増えると貧乏になる。

だから今の日本人は大金持ちなのに貧乏なのである。



我が家はこれで行くと「金持ち」だと思う。
と言うのも夫の収入だけで賄えているから。
今の収入と同額なのに毎月高級ブランドを買う習慣があったら
即「貧乏」になっているもの。
思えば自分がパートに行っている時に「疲れているから」と
ついつい外食や惣菜を買ったり、お付き合いと称して
外食したり通勤の服も必要…となって支出に際限が無かった。
一方今では「華麗なるひきこもり」のおかげで最低限の
支出で済んでいるし。
夏は暑すぎて自分のカラダと脳が溶けるから車で買い物に行っていたけど、
もう少し涼しくなったら運動も兼ねて徒歩で買い物に行き、
ガソリン代を浮かせることもできるし、
重たいから必要最低限の物しか買わないからお財布にも超優しい!
言うことなしである。


また「貧乏脳」脱出の手段として「テレビを消すだけでいい」とある。
いかに物を買わせるのかTVで延々と情に訴えているそうである。
「支出優位の貧乏脳になる」のでテレビを消して、その分小説以外の本を読もう!
と言う主旨。


これもまた「我が家にはTVがありません」と言う実態から
なるほど「金持ち脳」を形成するには最適な環境なわけで。
あることはあるけど息子専用の「ゲーム用」と言いましょうか。
「見ても面白くないから=時間の無駄」とテレビ離れをした私ですが
本書の「小学校高学年の頭脳が見てちゃんと理解できるレベル以上の物は
テレビには存在しない
」の一文で納得!
テレビを見無い分その時間は本を読んでます!!笑
夫はPCのニュース見たり自分の趣味のサイトを見てますけど。


ところで4か月ぶりに美容院に行ってきました。
今まではひきこもりゆえに地元の美容院に行って適当に切ってもらっていたけれど
なんとなく「ひらめく」ものがあって、電車に乗って都会(?)の美容院に
今年の1月から行ってます。
一言で言えば「似合う髪型をお任せ状態で!」です。
セレブに見える?じゃないんですけどここで切ってもらい始めたら
オールユニ黒を着ていても「いつもおしゃれ。クリーニングとかに出すの?」と
最近では公文の採点助手の人に言われた位。
「ユニ黒ですよ。トップスは若い子の店で500円+税で買いました!」と
言ったら「え~見えない~~~~」と言われたほど
髪型一つで雰囲気が底上げされることがよくわかりました。
今まで地元で切ってもらった髪型でこんなこと言われたこと無かったし、
パーマを当てたその足でランチに行ったら待ち合わせしていた人に
「それ、パーマかけているの???????」と言われるぐらい
中途半端な髪形しかしてもらえなかったし。
何を言いたいのかと言えば時間とお金を使ってでもある一定の年齢の女性は
髪型にお金をかける=使うべきところを見極める 方がお金は生きると思う
と言うこと。
オバサン臭すぎる髪型をしていていくら服をブランド着ていても
パッとしないのはそういうところに理由があるんじゃないのかな?と
読者モデルさんのビフォーを見れば一目瞭然ですよね。


まあ、シャネルの店に行くのは縁遠そうだなあ…と思ったあたり。笑