読書日記ときどき愚痴日記

主に読書感想。
かなり独断と偏見更に毒に満ち満ちた狭い世界を
自己満足で満喫しています。

大人スタイルの新常識 石田純子著

大人スタイルの新常識
大人スタイルの新常識
主婦の友社

スタイリストさんがお書きですが、
コーディネートの写真が一枚もありません。
ひたすら脳内で変換して「なるほどな」と想像しながら読む一冊です。
ターゲットは40代以上。大人世代、と表現されています。
(文中、50代はまだまだ若いと表現されているので下手すると
60代~なのかも!!!!!)


先日読んだ地曳さんの本、

服を買うなら、捨てなさい
服を買うなら、捨てなさい
宝島社


地曳さんの本よりは文章が上品でお店でスタッフに「こちらはどうですか?」と
アドバイスを受けているかのような気分になります。
地曳さんのは「下品」というか「自説の押し付け」に近いエッセイのような
気がしました。


とはいえある一定の年齢のスタイリストさんの本を読む限り
「昭和ルールを一旦忘れろ!」
「『一生もの』の服は無いと思え」
「定番と言われているデニム、白シャツ、そしてハイブランドですら
流行がある。むしろ、流行を意識しないと超危険!!」
「まずは、試着第一!」
「過去の良き時代のスタイルの自分をイメージせず、今の自分を直視しろ!」
が共通項目かと。


確かに↑これらを無視しているから70代~の人の服装が
「イタタ…」って感じの人が多いもの。
p176

洋服とはその人の生き方がどうしても出てしまうものです。

答えが出始めるのが、50代後半から60代だと思います。

「答え」が見つからないという人は、

まずは洋服から変えてみてください。

見た目が変わったその先に、

年齢を重ねた自分の本当にしたいことが見えてくるように思うのです。



やっぱりこの方も「洋服は自分を表現するもの」とお書き。
痩せて着れないのではなく痩せて見える努力をするのが
大人世代には必要なのかも。
頭を使えばボケ防止になるんだから、ただ着るだけの服から
少しは脱却しやがれ!!怒 とたまに言いたくなるババア多し!




ところで旧ブログでのいざこざで精神的に落ち込んでいた時、
検索で引っかかったのがこの方のブログ。↓




かっこいいです!!!!
40代ですよ。で、このスタイル!!!!!
ブログの前の方に20代ぐらいの免許証が掲載されており
そのスタイルの遍歴がよくわかります。
これを見たら「私、歳だから…」とか「子供産んだから…」とか
その他もろもろの自分に都合のいい、言い訳をしまくっているのが
どれだけ恥ずかしいことかわかると言うもの。
この方の様に前向きに力強く生きたいです!!
というか、思いっきりこんなタイプの人に魅かれます!!!!!
嫉妬とかしませんね。
むしろ「ああ自分も筋トレしよっと!」と言う気にすらなりました。
リアルでお付き合いするならこれぐらい志が高い方を希望します。





イタい女になる人ならない人 やましたひでこ著

イタい女になる人 ならない人 断捨離で素直な自分を取り戻す!
イタい女になる人 ならない人 断捨離で素直な自分を取り戻す!
KADOKAWA/メディアファクトリー

あの「断捨離」で有名なやましたさんの本です。
本作はちょっといつもの断捨離を離れて…と言うコンセプト。
「やりすぎ女」と「そのまんま女」と言う二つのタイプに分けての
自説展開なのですが…



なんというか、私が機嫌が悪くてイライラした気持ちのまま
ブログをアップしたかの文章で…
更に「こういう痛い人っていますよね。だからダメなんです」
みたいな語りかけ文章だから更に読みにくいというかなんというか…
それこそ近所の立ち話で一方的に人の悪口やうわさ話を
聞かされているかのような気分になりました。


過去に一度でも断捨離本を読んでいる人は読まない方がいいと思います。
びみょ~なモヤモヤ感だけが残りました。

すごいな~と思った件

本日美容院に行ってまいりました。
今日で3回目。同じ人に担当してもらってます。
で、行ってみると担当君の髪型が前回の時からバッサリ切った髪型になってました。
「あれ?髪型かえはったん?(=変えられたのですか?)」
「はい。前までの髪型は前髪も一緒にくくれてましたけど今回はばっさりと」と。
まあ、前回のまでの髪型は「美容師さんだからこだわりとかあるんだろうなあ~」
程度には思ってましたけど別に不愉快でもなんでもなく。
長髪でも不愉快と言えば分りやすく言えば「オタクな人」と言うか伸ばし放題、
ボサボサと汚らしさが漂う長髪は絶対に止めてほしいです。
彼のは個性的だけど不快じゃ全くありませんでした。


で、シャンプーをアシさんにしてもらっている時に、
担当君が別のお客さんと会話しているのが聞こえてきて。
そのお客さん本日初めてのご来店(会話より推測)の20代ぐらいの女性。
彼女が「え?前は髪の毛が長かったんですか?」
「はい。スッキリ切りました」と言ったら彼女一言。
無理!私、髪の毛長い人、絶対に無理!!!!」と。


ほえ~私も結構はっきり言う方だけど、初対面でこれからお付き合いしていく
(気に入ったら今後、顧客と担当と言う関係になるわけですよね?)
相手にそこまではっきり言う???????????と
ある意味「驚愕!!!」の世界で聞いてました。


彼の前回までの髪型を見たうえで言うのならまだしも、
それ以前の問題で自分の好みだけで「無理!」って言いきれるって…汗


まあ、歳の甲、亀の甲で言わせてもらうとしたら
「まあ、長くても短くても似合っているから…(=どっちでもいい)」と言う
無難な感想で納めますね。多分。
前の髪型があまりにもあまりにもだったらズバリ
「わ~そっちの方が絶対いい!!」と言っていたかもしれませんが。笑


その後も彼女が「身長175は欲しいですね。」と彼氏に求める希望を
話してました。
ここは合コン会場ですか???と心の中で突っ込んだのは言うまでも無く。笑
以前、電車の中でも女の二人づれがやっぱり彼氏に求める像で
「身長は…」とかやっていたけど、皆はっきり希望を言う時代なのね~と。


私なら「年収800万以上でええええええ~」とやってみたいです。笑


今の自分の環境で若い人と話す機会がないにしても、今の子って
こんなにハッキリ相手に話すものなの?とびっくりしてしまった。
息子の嫁には欲しくないな。