読書日記ときどき愚痴日記

読書感想を模した毒満載の日記。
普段は西郷どん=夫 に連れられた「犬」
ですが、気に入らないことがあると
一瞬にして「ケルべロス」に変身します。
特に「不倫&W不倫」ネタはケルべロスの
格好の餌食なので該当される方はご注意を。

新カラマーゾフの兄弟 上巻 亀山郁夫著

新カラマーゾフの兄弟 上(上・下2巻)
新カラマーゾフの兄弟 上(上・下2巻)
河出書房新社

内容紹介

「カラマーゾフの兄弟」は未完だった……。

ミリオンセラーの翻訳者が、「世界文学最高作」と言われる傑作を

19世紀ロシアから現代日本に舞台を移し完結させた、

桁はずれの著者初小説。

ドストエフスキーとの驚愕のコラボレーションから生まれた、

ノンストップ・ミステリー巨篇。





先日まで読んでいたドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』を
翻訳した人が書いた本。
舞台を日本に、時代を1995年ごろに移行してのアレンジ。


とはいうものの文体がことごとく
「~だった。」「~だった。」「~だった。」の羅列…
単調すぎて正直、うんざり。
この部分からも
「この人は翻訳者、もしくは学者であって小説家ではない」と言うことがわかる。
また、自分は「翻訳した!!」と言うことが自慢なんだろうな、
それ以上に「自分以外にドストエフスキーを理解している人間はいない!!!」
とばかりの「ドヤ顔」ぽいものが妙に感じられてまたまたうんざり。
小説は学問と違って読み手にすべてをゆだねるものであって
作者が「これが正解!」とばかりに「答えの限定」をするのはどうかと思う。
そこのところの「住み分け」というか「違い」をこの亀山と言う人は
どこまでわかっているのだろうか?


一言「妄想、乙!!!」って感じの上巻。
さて、これを「良かった、面白かった」と言う感想を
持たせてくれるのか?下巻は。
原作の翻訳も面白くなくて睡魔を誘う一冊だったが、
これも負けず劣らずの無駄な描写が多すぎ!!
原作に添わせようとするからゆがみが出る。
しかも原作を真似ようと『わが主人公、黒木リョウが…』って
始まる『作者より』を読んだ時は「何これ?パロディ?」と
思うぐらい笑っちゃった。
「わが主人公」と言うフレーズは作中数回出てくる。
自分に酔ってませんか?


むしろ原作では一冊目(初めの部分)であれほど散々
フョードルの「ウザさ」が前面に押し出されていたので
「これだけウザかったら殺したくもなるよな」と読者に思わせていたのに
肝心のその部分が無くむしろ「ダンディな男」ぽい描写になっていて
「殺す必要、あるの??」と言う感じ。


昔流行ったシドニィシェルダン

真夜中は別の顔〈上〉
真夜中は別の顔〈上〉
アカデミー出版

の「超訳」みたいに
訳した物をさらに小説としての文章力がある人にリライトさせないと
「カラマーゾフの兄弟」はやっぱり「面白くない本」としか評価されない気がする。



意外と「ホワイト」なのかも

火曜日から始まった我が家のリフォーム。
で、色々な業者さんが出たり入ったりしているのを見て
思ったのは意外とこういう業者さんの働き方の方が
「ホワイト」なんじゃないのかと。
と言うのも10時3時に休憩。お昼は一時間休憩。
そして4時半ごろには片付けに入って5時には帰って行く…
なんか「理想的」な働き方に見えませんか?
え?錯覚??
確かに体が資本なのでけがをしたり体調が悪かったら仕事が
出来なくなるからそこは問題ですがそれでもなんていいますか、
私の身辺にはびこっている
「××さん(orうちの)のお子さん(orだんなさん)××にお勤めなのよ!!」と言う
いかにも「いい会社」に勤めてます、
「いい学校に通ってます」オーラ(?)を全開にして会話が成り立つ
ところに住んでいますと「名前の通った会社=いい会社」みたいな考え方が
「当たりまえ」=「勝ち組」意識として根付いてしまい
それに該当しない場合、何とも言えないコンプレックスに落ち入ります。
陥る理由も必要も無いはずなのになぜか何とも言えない心理状態に追い込まれます。
というか現在追い込まれてます。笑
ただ、「名前の通った会社」=ホワイト と言う考えはむしろ今の時代
そぐわなくてむしろ残業、残業に追われて「どこがホワイトなのよ…」と言う
気持ちの人が殆んどじゃないんでしょうか?
それをお気楽に「うちはどこそこに勤めていて…」的な会話を堂々とする
人が多いのはうちの近所が「事務系公務員」が多いからでしょうか?
やっぱり「時代にそぐわない考え方をしていることに気が付かない」
環境なのかもしれません。
朱に交われば赤くなる、じゃないけど「その考え方、世間では非常し…ごにょごにょ」
と言う意見が耳に入ってこない環境。
思考が似すぎるということはホントある意味問題だと思います。
そこから何か新しいことは生まれない。


それと70代ぐらいの人が「古き良き時代」を知っているというか
「自分たちの時代は…」と言う思考のままストップしているせいか
気楽に「どこにお勤め?」と聞いてくる傾向があります。
例えば姑。
舅は民間でしたが姑の父親が学校の校長=公務員をしていたせいか
やっぱり「どこにお勤め」と言うことが最大の関心ごとになるようです。
次男が民間一社に内定を貰った時に報告に行った時も
「やっぱり公務員がいいわよ~」とほざいたものだから不安になった次男が
「本命がどうなるかわからないので…」と言う理由で警察を受けたわけですが
最近の事件を見ると「公務員安泰!」の時代は終わったようで。


世間が狭い。
業者さんの動きを見て自分も姑と同じような思考になりつつあることに
気が付いてしまい「ああ、やっぱり人と接しないとだめだなあ…」と
違う落ち込み要素を見つけてしまったのでした…(溜息)