見かけは読書日記。中身は毒吐き日記

読書感想を模した毒満載の日記。
普段は西郷どん=夫 に連れられた「犬」
ですが、気に入らないことがあると
一瞬にして「ケルべロス」に変身します。
特に「不倫&W不倫」ネタはケルべロスの
格好の餌食なので該当される方はご注意を。

龍と人の文化史百科 池上正治著

龍と人の文化史百科
龍と人の文化史百科
原書房

暴力的なまとめ方をすれば
「僕、龍に興味があって。ほら、こんなにいっぱい龍グッズを
集めたんだよ!見て見て!!」って感じ。
1つの事を突き詰めて学術的展開をすれば「学者」と呼ばれ、
あくまでも個人趣味で終わらせると「オタク」と言われる。
そんな感じ。


男性の学者が多いのは結婚してもしなくても一つの事を
研究し続けてそれで評価されるのに対して、
女性が何か一つの事を突き詰めたくても
「いい年をして嫁にも行かず…」とか
周囲からの圧力が半端ない時代があった(現在もある?)からかも。
例えば絵を描くのが好きな人がいたとして、
不運にも理解の無い家に嫁に行ったとする。
「家事(農業)もせず、絵ばっかり描いて…」と
肩身の狭いを思いをすると次第に遠ざかる。
一方、裕福な家庭に嫁ぐと案外、絵心がある舅とかが
「君の絵は好きだ。どんどん描きなさい」と
お墨付きをくれたら心置きなく楽しめる。
人間、その才能を伸ばすも殺すも環境って大事ですよね…


お誕生日に御誕生寺へ

9月9日は夫の誕生日。
去年の同じころ、銀婚式記念も兼ねて飛行機で北海道へ。
不謹慎かもしれませんが去年で良かった!!
ただし、北キムチからミサイルが飛んできてJアラートが鳴り響き、
ツアー客全員顔をひきつらせて出発まで時間があるのに
ロビーに集合しておりました…


さて、今回。
夫婦そろって初めてミス×リーツアーなるものに参加してみました。
行き先がどこかわからないことに意味があるのに、出発前夜、
夫がPCでパンフのキーワードを適当に入れて検索して
「北陸の××だ!!」と見つけてしまいました…



「どこに行くんだろ?ワクワク」と言う
楽しみを奪いやがって!!
このクソ野郎!!!!!怒

テメーが「これに行きたい!」と
言ったんだろ~がっ!!!!!!!!


他の人はどこに行くのか一応知らないので素知らぬ顔をしてましたが、
高速の分岐点辺りですでに何回かミ×テリーツアーに参加している人が
「××じゃない?」と推測を立てておられました。
因みにツアー終了後に添乗員さんも「実はミステリ×ツアーと言う
物は、大大同じところに行くパターンが多く…」とネタバレしてました。
今度から行先を決める時の参考にさせていただきます。


さて、夫のお誕生日に行きました「御誕生寺」。(ごたんじょう寺)


2人のお坊さんから座禅のやり方を教えてもらい、最後に
「猫には一匹一匹名前が付いてます。
と言うのも、病院に行った時にカルテを作成する必要がありますので。
もしよければ1000円のご寄付で一品差し上げますのでよろしく…」と。


そうです。
上記の説明を読まれなかった方に補足いたしますとこの寺、
何と「猫寺」として有名だそうで。私は知りませんでした(汗)
一時は50匹以上の猫が境内に居たそうですが、今は25匹程度。
境内でネコがゴロゴロしている風景は何とも平和そのもの。


と言うわけで一口、寄付をいたしまして、この寺の猫が写った
「日めくりカレンダー」を頂きました。

住職様と猫たち
こんな写真ばかりじゃないですよ。笑




ちゃんと「ピン」の猫の写真もあります。


ペットを飼っている者にとって、動物の医療費がバカにならないのは
身につまされるものがあるだけに
「そうか…そりゃ、仕方ないよね」とお財布を開かせていただきました。
もし、永平寺とかの近くに来られたらこちらにも立ち寄ってくださいな。
残念ながらツアーの悲しさで1匹しかも2分も無いぐらいの短時間での
ふれあいでしたが…


さて、もう一つのミステリーのイベントとして連れてこられたのが


こちらは「うさぎ」とふれあうことができます。
無料です!!!!笑
まあ、気持ち何かお土産を買うとなんとなく自分の気持ちが
軽くなる気がしますが…
うさぎcafeや猫cafeだと一回千円ぐらいすると思うので
時間を気にせずふれあえるからお得な気もします。


今回のミ×テリーツアー。
ハッキリ言って施設費無料!な場所ばかりの訪問に加えて
後はお土産やめぐりなので費用は結局ホテル代が殆んど。
個人で車で行くと高速代がバカにならないし、運転手の疲労度も
違うので遠方へ行くにはいいかもしれないけど
永平寺と言った超有名な寺の近くまで行っているのに入らない、
とか不完全燃焼な気持ちはぬぐえず。
ただ、猫(本当に一瞬だけですが)とウサギを触ることが
出来てまあよかったかな?と言う感想。


p.s 行ったのは9日、10日です。北陸方面も警報等が出ていたようですが、
幸いなことに傘をさしてなんとか散策できる程度の雨だったので助かりました。



協力金(?)のお蔭かも…