読書日記ときどき愚痴日記

読書感想を模した毒満載の日記。
普段は西郷どん=夫 に連れられた「犬」
ですが、気に入らないことがあると
一瞬にして「ケルべロス」に変身します。
特に「不倫&W不倫」ネタはケルべロスの
格好の餌食なので該当される方はご注意を。

一流の人はなぜそこまで、見た目にこだわるのか?

一流の人はなぜそこまで、見た目にこだわるのか?~仕事力を常に120%引き出すイメージ戦略~
一流の人はなぜそこまで、見た目にこだわるのか?~仕事力を常に120%引き出すイメージ戦略~
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)

ビジネス本。
平たく言えば「ビジネスマンの見た目の教科書」。
密林のレビューで星が低い人は「どこにでもある内容」と
けなしていますが、それは「ただ読んだだけ」であって
書かれたことを実践出来ていますか?
自分の歩き方、立ち居振る舞いがここに書かれているように
出来ていますか?


今、このブログを読んでいる方、座って読まれているなら
今この瞬間ご自分の「膝」が両方ともきちんと「くっついて」いますか?
(特に女性)
椅子に座った状態で膝が付いているということは腹筋に力を入れて
骨盤を立てないとその状態を維持出来ません。
だらりと「ぐでたま」状態になっていたり、前かがみになっていませんか?
自分も「ウオーキング」を習っていない状態でこの本を読んでいたら
多分「当たり前の事しか書いていない」評価をしたと思います。


もう一つ、時間があればしていただきたいのは「歩いている姿」を動画に
撮ってもらってください。
カメラに向かって歩き、前を通り過ぎ、そして後姿。
再生してください。
多分、ほとんどの人が自分の歩く姿を見てショックを受けると思います。
「こんなブッ格好な姿で歩いているのか…」と。
特に後姿


これはビジネスマン向けですが、婚活にも応用できると思います。
再生した動画を見て、自分の姿を異性と置き換えてみて
そんな歩き方をしている人と結婚したいと思いますか?
素敵だと思いますか?一緒に歩きたいと思いますか?


就活に於いてもスマホ首だらけの面接者の中において、
スッと背筋を伸ばしかつ膝も両方ついて座っている人は
まず「目立ちます」。
もうそこだけ雰囲気違うことはまちがいありませんから。
もし、私が面接官なら「入ってきた歩き姿」をチェックし、
座った時の姿勢、そして話す時の声のトーンに注目し、
ぶっちゃけ質問の答えは二の次で、最後に退出する後ろ姿を
チェックすると思います。
大体、座り姿が綺麗と言うことは腹に力が入っている=丹田に力が入っている
人なので「自信」にあふれているはずですから。


もし自分に娘がいたら大学2年の時に「脱毛」「歯の矯正」そして
ウオーキングなどの姿勢矯正と発声を「先行投資」として
させていたかもしれません。
3年になると就活が始まりだしますからね。
比較的時間の余裕のある2年の内に修得しておきたいところ。
肝が据わるという姿勢が身に付いたらかなり前向きな思考になりますから、
面接でも臆せずに発言できると思います。
娘ではなく息子なので今後の希望としては「孫娘」ができた時には
上記の3点セットを勧めたいと密かに思っています。
(おばあちゃん、それくらいはお金出すからね。笑)
ただ、その3点、特に姿勢についてイマイチその効果が理解できないと
「やらなくてもいいよおおおお」的な態度を取られることは明白なので
そこはこれから10年後ぐらいに孫娘に手本となるべく私自身
3~5センチヒールをキレイに履きこなして
「おばあちゃんの歩き方、綺麗!私も~~」と言う思考になってもらえるように
頑張りたいと思っています。
50代に入り今後は筋肉が衰え姿勢がキープしにくくなるということは
判っているからこそ衰えを少しでも抑えたいと思っています。
今ではなく10年後もきれいでいる為に。現状キープが基本!


と言うわけで少しでも「ヤバイ…」と思った方は本書を読み、
もしくは姿勢矯正(歩き方)に通われるのが一番の近道かと。
猫背で小声で自分に自信が無い、自分のカラダに合っていないスーツを
着ている人が他人に信用される確率はかなり低いと思いますので。
まずは「イメージ戦略」。
視覚で一歩リードしましょう!