見かけは読書日記。中身は毒吐き日記

読書感想を模した毒満載の日記。
普段は西郷どん=夫 に連れられた「犬」
ですが、気に入らないことがあると
一瞬にして「ケルべロス」に変身します。
特に「不倫&W不倫」ネタはケルべロスの
格好の餌食なので該当される方はご注意を。

つくもがみ貸します 畠中恵著

つくもがみ貸します (角川文庫)
つくもがみ貸します (角川文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)

時代物で小説家デビュー作と同じ「つくもがみ」が出てくるものを
書いているのに思いっきり滑っているというか面白くなかった作品。
ラノベ以下じゃないですかね?ここまで人を感動させれないただの
文字の垂れ流しもいいとこで。
相変わらず「眉尻が下がっている」と言う描写も健在。
書けば書くほど、どんどん下手になって行く作家と言うよりも
才能が枯渇する前に一気に良くも悪くも名前だけで一応売れるから
今のうちに売り飛ばしてしまえ!!と言う出版業界の「あざと感」しか
感じられません。量産型の弊害。