読書日記ときどき愚痴日記

読書感想を模した毒満載の日記。
普段は西郷どん=夫 に連れられた「犬」
ですが、気に入らないことがあると
一瞬にして「ケルべロス」に変身します。
特に「不倫&W不倫」ネタはケルべロスの
格好の餌食なので該当される方はご注意を。

だって40なんだも~ん

だって40なんだも~ん!
だって40なんだも~ん!
主婦の友社
2012-01-01
Kindle本

40歳は10年前に、40代はホンの10日前に「お別れ」いたしました。
で、読んでどうなる?と思いつつもコミック&エッセイと言う
気楽に読める本に流れて行く傾向も案外「加齢」のなせる業なのかも。


多分掲載されていることは加齢に伴って引き起こる
「あるある」だとは思います。
ただ、これを読むことによって「なんだ~みんな一緒か~」と
安心して終わってしまうか、それとも
「一緒か~でも、このままじゃマズイ何とかしよう!」と
一念発起するかが10年後、20年後の分かれ目になると思います。
だって、何もしなかったらどんどん悪くなる、ひどくなる一方なので。
今の40代50代を現状維持、そしてそれが10年後、20年後まで維持できたらいい!!
それぐらいの気持ちが無いとホントお先真っ暗。


自分が行っているウオーキングは65歳前後の人と70代の人が
いらっしゃいますが70代の方に至っては一見「痩せている」人です。
(ある意味、羨ましい)
が!!!!
脂肪が無いということはそれを筋肉に変える素材が無いということで、
筋肉が無いということは正しい姿勢が保てない、保つ力が無い
よってすぐに首が前に落ち、肩がガクンと下がり、悲しいぐらいあっさり
「おばあちゃん」体型、姿勢になります。
その方も先生が「はい、お腹に力を入れて!!!!」と指示した時は
シャキン!!!とされますが、すぐにガクン…汗
けれど同年輩の方と比べたら「意識」することが頭にあるからかなり
マシな方だと思います。
65歳のかたはこのクラスで一番長くレッスンされていることもあり、
年齢聞いたら絶対「え?うそ!!」ってぐらい若々しい。
スッとしてらっしゃいますよ!!!
そう、自分と同レベルを見て「安心」するのではなく、自分より「上」を
見て「がんばってあの人みたいになる!!!!!」って目標がある方が
本当に得!と言うかラッキーと言うか。
これがよぼよぼの人ばっかりだったら…


先日のレッスンで「もっと肩の肉を巻き込むように!!!(天使の羽を作る)」
と言われたので筋肉痛です…
この肩の肉もきちんとしたやり方をすれば「無くなって」行くそうです。


本書でも「体重が落ちない」と嘆いていますが、正しいやり方をすれば
必要なところにはお肉があって、不必要なところには無いという
メリハリのある綺麗な肉体になって行くので「年だから…」の言葉で片付けるのは
どうかと思います。
ただ、やっぱり「やばい!!」と気が付いたら即実行に移した方が
いいと思います。年齢の分だけ体に癖がついて中々取れませんから。
(一部のウオーキングの先生はover60の生徒さんは取らない人もいるそう。
やっても効果が出にくいからね。あと、下手したら骨折しそうだし。)


靴のかかとが外側にすり減っている=O脚である、ということに
気が付いて「キレイに歩けるように」と何気に始めたウオーキング講座。
きちんとした歩き方を意識してただ歩くだけでこれほど汗が出るものなのか…
と今日も駅から徒歩20分家まで歩きましたが、
歩き始めて5分もすれば上着を脱いで「暑い~~~~」となりました。
骨盤を閉めていない、ただ無意識に足を動かすだけでは
これだけの効果は出にくいと思います。
けれど、変な歩き方であっても全く歩かないよりはましだと思うので
寒くても動いた方がいいとは思います。
10年後、20年後に寝たきりにならないように…


おいくつかわかりませんが、やればこんな風に変わることだって可能!
勇気でませんか?こんなの見たら。
気が付いたときに行動を起こさないと未来の自分は左の画像。
そう思ったら、普段目にする日本人の老婆の歩く姿を観察してください。
「ああなるのはイヤだ…」と思ったら行動の時ですよ!!!!!(マジで!)
それ以上にウオーキングを始めて感じることは考え方がポジティブになったこと。
「肝が据わる」とはよく言ったもので、腹筋使いますからね、歩くということは。
時間が無い人は整体に行くのも手ですが、あれは「やってもらわないとダメ」なのに
対してウオーキングは自分で骨盤の位置を意識して戻すことができるのでお得かと。
(逆に言えば朝、コキッと調整するのですが骨ってこんなに簡単に動いて、
外れてするもんなんだなあ…と思います。)