見かけは読書日記。中身は毒吐き日記

読書感想を模した毒満載の日記。
普段は西郷どん=夫 に連れられた「犬」
ですが、気に入らないことがあると
一瞬にして「ケルべロス」に変身します。
特に「不倫&W不倫」ネタはケルべロスの
格好の餌食なので該当される方はご注意を。

一瞬で「本音」を聞き出す技術 井上公造著

一瞬で「本音」を聞き出す技術
一瞬で「本音」を聞き出す技術
ダイヤモンド社

p130

「怒り」の場は本音を聞けるいい機会でもある


は確かに言いえて妙だと思う。
だって、私自身正月にブログで「やっちまった事件」も
一回目は映画の感想をうやむやに書いたものの、
コメントを貰ったがゆえに言いようのない「怒り」の
感情が湧きだし結局怒りに任せて「本音の感想」を
アップしましたから。
ただ、本書に書かれていることは芸能リポーターと
取材対象者なら有効かと思いますが、リアルの人間関係
特に職場関係の人にこの技をかますのは非常にまずいのでは?と
思う箇所が多々ありました。


ところで、興味深かったのは↓

p156接し方を変えると「本音」が聞ける


②ガラケー派とスマホ派の場合

ガラケーが好きな人は、めんどくさいことが嫌いで頑固者

しきたりや伝統を重んじる人が多いです。

そういう人は、レストランや料亭に行った場合、

テーブルのどの席に誰が座るか、上座下座を気にしたり、

年賀状も印刷した物より手書きこそ礼儀だと思っていて、

とても几帳面です。

また、ガラケー派は回りくどい事を好みません

通話とメールが出来れば問題ないというシンプルな

考えの持ち主が殆んどです。

誰かに聞きたいことがあれば、単刀直入に質問をぶつけて

きますし、オブラートに包んだような物言いをされたら

「要するに何が聞きたいの?」とストレートに尋ねてくるでしょう。


一方、スマホ好きは対照的にフランクで、

堅苦しい形式にはこだわりません。

流行りの店は必ず押さえていて、

旅行や人の集まるところが大好き。

このタイプは社会性に富んでいる反面、打たれ弱いのが致命的。

何かを聞き出したいのなら、本題から切り出さずに

世間話から始めた方がベターです。



本書は2014年に書かれたから現在のスマホの普及率を考えると
「ガラケーの取り扱いが無くなったからしぶしぶスマホ…」
と言う人も多いと思うので当てはまらないかもしれませんが、
実は私は現在もガラケー。笑
書かれていることが該当しすぎて大笑い。
しかも「らくらくフォン=万歩計付」ときたもんだ。
多分、電池パックが充電できなくなるまでこれを使い続けると思う。←つくづく頑固!