Always with a smile!

読書感想を模した毒満載の日記。
普段は西郷どん=夫 に連れられた「犬」
ですが、気に入らないことがあると
一瞬にして「ケルべロス」に変身します。
特に「不倫&W不倫」ネタはケルべロスの
格好の餌食なので該当される方はご注意を。

ぼくの守る星 神田茜著

ぼくの守る星 (集英社文庫)
ぼくの守る星 (集英社文庫)
集英社
2016-03-18

内容(「BOOK」データベースより)

中学二年生の翔には悩みがあった。それは、言葉を読み間違えたり言い間違えたりして周りを笑わせてしまうこと。わざとではないのに同級生から漫才の相方に指名され、母にはユーモアセンスがあると励まされる。みんなと同じことができない自分には、どんな才能があるのだろう―。生きづらさを抱えながら日々を過ごす翔と、彼を取り巻くひとびとの悩みと優しさを描き出す、切なくも愛しい物語。




予約を入れてから日数が経っていたので読み始めてやっと
「ああ、こっち系かあ…」と借りるきっかけを思い出してしまった。
自分の中でこっち系=病気or障がい系 の感想を書くのはご法度。
と言うのも、前にいたブログからムラゴンに引っ越すきっかけが
病気系の感想を書いたら障がい系から噛みつかれて…
と言うわけであえて感想は書きません。


しいて言えばp14

母親は僕の頭のことがわかってから、記者をしていた新聞社を辞めた。

(中略)

元々の性格なのか、記者生活でそうなったのか、一つのことに

かなりこだわる。

ぼくの頭のことも、もしも障がいなんて言う人がいたら、

教師であろうが講演会の講師であろうがむきになって抗議して、

「特徴」と訂正させる。



ヒステリックにわめきたてるから余計に嫌われ、
理解してもらえないと思う。




と人ごとみたいに書いたものの、超くだらないアニメ映画の感想を「つまらん」と
書いたがために、交流の無い一見さんから「私は面白かったですよ。
つまらないのなら見なければいいのに」と後出しじゃんけんみたいな
コメントを書きこまれ、
「ケンカ売ってんのか?!」と反論&大暴走してから一年経ったなんて言いません。
言いたいこと&思ったことを素直に書いてもあれこれ言われるって…
自分のブログなのに…
「こっち系」の連想から嫌な事を思い出してしまった…
と言うわけで「1月はブログは価値観が違う人たちの集まりである」
と言うことを思い出す強化月間!!!!!!!!