読書日記ときどき愚痴日記

主に読書感想。(だったのに…汗)
かなり独断と偏見更に毒に満ち満ちた狭い世界を
自己満足で満喫しています。
また基本「アンチ不倫、特にアンチW不倫」派なので
今後そのような本を読んだ場合及びブログを読んだ場合は
手厳しく批判していくので該当される方ご注意くださいませ。

若様組まいる 畠中恵著

若様組まいる (講談社文庫)
若様組まいる (講談社文庫)
講談社
2013-07-12

時は明治20年。侍の時代は去り、世が世なら「若様」と
呼ばれていたであろう若者も「働かねば…」と言う辛い状況。
仕事の割には給金が「10円」と言う警察官になることを志した
「若様」一行。
要は今で言う「警察学校」に入校したたった2カ月の話なのだけれど
次から次へと難題が降りかかり長い長い2か月…


先に読んだ

ちょちょら (新潮文庫)
ちょちょら (新潮文庫)
新潮社
2013-08-28

が、結構面白かったので同じ作者さんの作品を借りてみたのだけれど。
要は「警察学校の成り立ち」を書きたかったのか?と言うぐらい
ストーリー的には面白くなかった。
と言うか、なんか登場人物が入り乱れていて青春群像にしてもイマイチだし。
この人が書く人って主人公な割には「気が弱い」というかオーラ無いよね。
むしろわき役の方が「いい味してますね」って感じで。
だから読後感も「はて?何の話でしたっけ?それより××君がかっこいいいい~」
みたいなBLとは言わずともアニメで良くある「美青年」ばっかり登場して
ただそれだけ、みたいな感じになっている気がする。