読書日記ときどき愚痴日記

主に読書感想。(だったのに…汗)
かなり独断と偏見更に毒に満ち満ちた狭い世界を
自己満足で満喫しています。
また基本「アンチ不倫、特にアンチW不倫」派なので
今後そのような本を読んだ場合及びブログを読んだ場合は
手厳しく批判していくので該当される方ご注意くださいませ。

ニューヨーク流 本物の美の磨き方 エリカ著

ニューヨーク流 本物の美の磨き方
ニューヨーク流 本物の美の磨き方
KADOKAWA / 中経出版
2015-06-22
Kindle本

なんとなく日本でしか生活したことが無い日本人が書く本よりも
外国の人が書いた本が読みたくなって借りたのですが、
何のことはないニューヨークに住む(そして成功した)日本人の
書いた本
でした。笑


ときどき、日本人的発想に疲れます。(というか、今すごく疲れています)
「和を尊ぶ」が建前で「横並び以外は許さない!」が本音ですよね。
昔の親切な日本人って一体どこに?って思うほど、本書に書かれた
気遣いの出来るニューヨーカーの実態を読むと悲しくなるぐらい。


その一方で意外とニューヨーカーの生態について知らなかったな、と。

朝の通勤時間に電車が来ない。

ようやく来たと思ったら線路に電車がつかえているからと

停車せずに通過。

ホームにアナウンスなども流れません。

「見ての通りが現状です」と言うような暗黙の空気だけがただよっています。

そんな現状をゆったりと受け入れているニューヨーカーに大変驚いたものです。

短気な人がいないのか、精神的修行で気長になったのか、

小さなことにはこだわらず大きく生きているからなのか…




そろそろ信号が変わるという時、なんとしてでも信号を渡り切りたい

車が猛スピードで走ってきました。

そしてその車のタイヤが横断歩道前の水たまりを直撃し、

前方にいた女性の白いワンピースに泥水がかかってしまいました。

車は何事も無かったかのように猛スピードで走り去り、

泥水を浴びた女性も、まるで何事も無かったかのように、

颯爽と横断歩道を渡って歩いて行きました。

ニューヨーク暮らしは精神状態を冷静に保つ訓練のような一場面もあります。



日本で泥水をぶっかけられたら「くそ~~~~警察に言ってやる~」って
罵声をその車にぶつけてうっぷんを晴らすぐらいですよね…
まあ、罵声だけじゃなくて本当に携帯で電話して「すぐ来い!捕まえろ!」と
言う人が段々増えてきたような気もしますが…汗
で、今度は警察に無理難題を吹っ掛けてうっぷんを晴らそうと見当違いな
事をする人が。
本来、水たまりがあれば「徐行」。
もしくは人がいて避けられない場合は「車が止まる」それだけのことを
本当は腐るほど有るのに「時間が無い!!」とばかりに猛スピードで走っているのが
今の日本。
なんか本当にうんざり。
もっと言えば「几帳面な日本人」の性格が「裏目」に出て電車も
時間通りに発着するから逆に「走ったり」「急いだり」するのでは。
これが「あ~時刻表なんて目安よ目安!」と割り切れる環境であれば
だれも人を押しのけて&突き飛ばしてその電車に乗ろうと必死にならないのでは?


なぜこんなに日本人って余裕が無い民族になったんだろう????
せせこましい狭い世界に住んでいることが本当に嫌になっちゃうよねえ…
外国に行きたい。でもテロが怖い…